転職活動がうまくいかない人の共通点は?原因とアドバイス!

シェアする

転職活動中にうまくいかなくて、必要以上に不安を感じたりしていませんか?

実は、転職がうまくいかないと感じている人はかなりの人数がいます。

ただ、長く決まらない場合は、もしかしたら自分に原因があるのかもしれません。

うまくいかない人の共通点や対策などを確認することで、自分のどこがダメなのかを知ることもできます。

今回は、転職活動がうまくいかない人の共通点や改善ポイントなどご紹介します。

転職活動中に不安を感じるのは普通?

転職活動中、なかなか仕事が決まらないと不安を感じたり、焦ったりすることもあります。

ただ、転職活動中に焦りや不安を感じない人はほとんどいません。

面接で落ちると「自分に価値がない」と悲観的になることもありますが、転職するということは前職があった証でもあります。

一度でも必要されたことがあるのなら、あなたに価値がないわけではありません。

およそ半分の人が転職活動をしても、半年以上決まらないなんてことはざらにあります。

もし三か月以上職が決まらなかったとしても、それが普通だと考え焦らないようにすれば、転職活動中もストレスなく過ごせます。

転職活動がうまくいかない人に共通する特徴とは?

転職活動がうまくいかないからと焦るのは良くないですが、1年以上決まらない場合、何かあなたに問題がある可能性もあります。

以下に、うまくいかない人に共通する特徴を挙げてみますので、自分が当てはまらないかを確認してください。

ベクトルが自分にしか向いていない

もし転職したい理由が「給料は○○円以上でなきゃダメ」「営業の仕事にはつきたくない」「福利厚生は絶対に譲れない」など、自分の希望が叶うことだけにベクトルが向いている人はうまくいかないこともあります。

転職先で希望を持つのは悪いことではありませんが、会社側がどんな人間を必要としているかも考える必要があります。

採用される側なのですから、自分の希望を叶えたい気持ちはわかりますが、ある程度の妥協は必要です。

理想が高すぎて決まらない

応募する会社が大企業ばかり、もしくは自分がどうしても受かりたいと考えている会社ばかり受けても成功する可能性は低いです。

なぜなら、大企業などでは求人が多いため、ある程度の面接の経験値が必要だからです。

実際に他の会社の面接を受けてみれば、もしかしたら理想の職場が見つかるかもしれないのに、理想が高すぎるせいで他のチャンスをものにできないパターンです。

転職理由がはっきりしない

もし転職理由が「もっと稼ぎたい」「今の会社に不満が残るから転職したい」など漠然としていると、面接官にも志望動機などをしっかりと伝えられないでしょう。

面接官はプロですから、もし理由がはっきりしない場合は「理由がないなら、すぐに辞めるかもしれない」と悪印象を与えてしまいます。

転職の理由をはっきりとさせることで、面接官にどうしても職に就きたいという意欲を見せた方が転職も成功します。

情報収集を面倒くさいと思っている

転職活動中に情報収集は必須です。

でもうまくいかない人の多くは、面倒くさがって情報収集をしません。

書類作成も面倒くさがるようでは、就職してもうまくいかないです。

そういう人は、転職がうまくいっても、すぐに転職先で辞める可能性がありますし、書類作成すら面倒くさがる人が仕事ができることはありません。

落ち込み度が激しい

転職先がなかな決まらないことで落ち込むことはよくあることですが、過剰に落ちこんでしまうと、面接でもそのネガティブさが現れてしまいます。

会社側からすれば、ハキハキと答えることができるような活力にあふれた人の方が採用したいはずです。

「どうせまた駄目だろう」などと考えているうちは、転職が成功する可能性は低いです。それよりも「よし!次だ!」と切り替えられる人の方が、転職後も仕事に意欲的に励めるでしょう。

いつか認められるはずと妄想が酷い

面接の数が多くなれば、どこかで拾ってくれるはず…などと妄想を抱いている人は転職活動もうまくいきません。

面接で受け身になるということは、自分が転職したいと思う気持ちの弱さを表しています。

もし転職活動で成功したいなら、自分を認めてもらえるように積極的にアピールするべきです。

履歴書を使いまわすなど、志望動機や自己アピールなど、定番通りでは受かる可能性は低いです。

自分と会社の条件がマッチしていない

会社が求めている条件と自分の希望条件がマッチしていないのも、転職活動がうまくいかない典型例です。

自分が事務の仕事をしたいと思っているのに、応募したい会社が営業の人材を探しているなら、それはミスマッチと言えます。

経験が足りないためにオーバースペックになっている可能性もありますので、自分の身の丈にあった会社を選ぶようにしましょう。

質問の意味を理解していない

面接官に質問を受けた時に、質問の意味を理解せず、トンチンカンな答えをしている人も転職がうまくいかないパターンに当てはまります。

なぜその質問をしているのかを察知できれば、面接官にも「しっかりと考えている」と好印象を与えます。

会社の情報収集などもしっかりと行い、この質問は何を意味しているのかを察することが大切です。

転職がうまくいかない人の改善ポイント

転職がうまくいかないのは、新卒者と同じ気持ちで臨んでいるからかもしれません。

新卒者の場合、最低限のマナーを守るだけでも好印象を与えますが、転職の場合はそれは当然のことなので高評価に繋がりません。

なぜなら、転職の場合、会社は即戦力になる人材を求めているからです・

もしどうしてもうまくいかない場合は、下記の改善ポイントを参考にしてください。

転職先の新しい情報を手に入れておく

転職先で、自分の思っていた企業と違うと感じるようでは、条件がミスマッチの可能性もあります。

HPなどで参考にする情報では、会社の内部の雰囲気や残業時間などは知ることができません。

もし会社の実情を知りたいなら、事前に訪問してみる、職場見学をやってみるなど、サイトの情報では知りえない情報も仕入れておきましょう。

面接でダメだった理由を考える

転職がうまくいかない人は、同じ間違いを繰り返している可能性もあります。

そのため、面接で何がダメだったのかを振り返ることは必要です。

もし自分ではわからないことがあれば、第三者に見てもらい、駄目出しをしてもらいましょう。

「面接の感触が良かった」「書類は今までよりきちんと書けたはず」と思えるようなら、着実に前進をしています。

採用と不採用だけに拘らず、まず自分のダメだった点を直すことができれば、次の面接では受かる可能性も高くなります。

転職活動のボリュームを多くする

転職活動でうまくいかない人は、応募求人を一社に絞りがちです。

でもそれだと、時間もかかりますし、落ちた時の落ち込み度も激しくなります。

もし転職活動をするなら、応募先は複数の会社にするようにしましょう。

一つの会社だけに絞ってしまうと、まごまごしているうちに目当ての会社の応募期間が過ぎてしまうことも多々あります。

転職にかける意欲を面接官に知ってもらうためにも、複数の会社に応募することも必要です。

現職でまず頑張ってみる

転職したい理由を洗い出し、転職の必要性が低い場合は、転職活動をせずに、まず現職の仕事を頑張ってみるのも良いでしょう。

転職が成功したとしても、転職先で同じような問題が発生する可能性もあります。

転職の目的は、今までと違う仕事がしたいからだったのに、同じ問題が起きるようならそれはミスマッチとも言えます。

転職が緊急に必要な場合でなければ、まずは現職で頑張ってみて、どうしてもだめな場合に転職を考えた方が、気持ちにも余裕ができて、失敗する可能性も低くなるでしょう。

まとめ

転職活動がうまくいかないからと言って、必要以上に落ち込むのは返ってマイナスです。

転職活動が成功しないからと焦る気持ちはわかりますが、落ち込み度が激しい場合、面接時にも覇気がない人と思われて悪印象を与えてしまいます。

もしどうしてもうまくいかないなら、自分に原因がないかを確認してみましょう。

その上で解決策が見つかれば、面接官にも好印象を与えることができ、転職活動もスムーズに進みます。

シェアする

フォローする