転職活動に疲れたら?やっておいた方がいいポイントを解説

シェアする

転職活動に疲れた時、ただ休めばよいと思っていませんか?

転職活動に疲れる人は多く、ストレスを溜めこんでうつなどにかかるのは避けるべきですが、休息を取った後は、なぜうまくいかないかをしっかりと考える必要があります。

転職活動がスムーズにいかない理由は、案外身近な所にあるのかもしれません。

今回は、転職活動に疲れる原因や疲れた時にやっておいた方がいいポイントなどご紹介します。

誰でも転職活動に疲れることはある?

転職活動で疲れることは、誰にでも起こりうることです。

あるアンケート結果によると、半分以上の人が「転職活動で疲れた」と言っています。

この結果に「どちらかと言えば疲れた」を合わせると、そのパーセンテージは75%以上とかなりの数です。

この例からも、誰でも転職活動の疲れがあることがわかります。

「自分だけが転職活動で疲れているんだ。」と思い込むことはやめ、「皆がそうなんだ」と思うようにすれば、精神的にも楽になり、対処法を試す気力もわきます。

転職活動で疲れる原因とタイミング

転職活動中に疲れる原因は色々ありますし、どのタイミングで疲れるのかも人によっていろいろです。

その中でも転職活動で疲れたと思うのは、以下のような原因があります。

現職との板挟みが原因?

現職で働きながら転職活動をしている方は、毎日の仕事のストレスや悩みを抱えています。

その中で更に転職活動が始まれば、「転職」と「仕事」の板挟みになり、仕事がうまくいかないことと転職活動がうまくいかないことのダブルパンチで疲れを感じます。

現職でうまくいかない場合は、退職も考えるべきですが、経済的な問題もありますので、安易に退職をしてしまうと、より疲労感が溜まることもあり得ます。

時間的な余裕がなくなるから

現職についたままで転職活動をするには、仕事の休暇を利用したり、仕事の空き時間を利用したりして行うことになります。

もし一人暮らしだった場合、家に帰って来たら食事の用意、お風呂の用意、明日の仕事の用意など、もうキャパギリギリで働いている方もいらっしゃるでしょう。

そこに転職活動が加わることで、睡眠時間や休息時間が削られていき、疲れを感じるようになります。

焦る気持ちが募るから

現職の仕事が忙しくなかったとしても、スムーズに転職先が決まるとは限らず、多かれ少なかれ焦る気持ちが出てしまいます。

「自分に向いた仕事が見つかるだろうか」「早くしないと良い会社の求人が埋まってしまう」「内定の返事がなかなか来ない」など、焦る気持ちは募ります。

当然この時にはマイナス思考ですから、ストレスや精神的にも肉体にも疲れてしまうようになるでしょう。

転職活動に疲れたらまず何をすべき?

転職活動に疲れすぎて、メンタルの病気になることを防ぐためにも、まずは休息が必要になります。

うつ病を発症してしまったら、転職活動どころか日々の生活にも支障をきたします。

疲れた時には休息も必要

疲れが少し残る程度なら良いですが、ストレスが最大限に溜まるなどした場合は、焦らずに一度休息を取ってみましょう。

次の就職先が決まらない状態が続くと、かなりの疲労とストレスが溜まっているはずです。

ただ、転職活動がもし上手くいってる場合は、逆に、転職活動で長引く原因がどこか他にあることも考えなければなりません。

そのため、休息を取りながら、就職先がどうして決まらないかも同時に考えて、落ち着いて自分の状況を洗い出すことも大切です。

これから新しい仕事に就こうとしているのに、病気にかかってしまったら、何のための転職活動かわからなくなります。

休む時にはしっかりと休み、趣味や遊びの時間に充てながら、転職活動の問題点を探るのが上手な休息の取り方です。

転職に疲れた時の対処法はこれ!

転職活動に疲れた時には、心身をリフレッシュするために休息をとるべきと書きましたが、休息が取れた後も同じ日々を繰り返すのでは意味がありません。

もししっかりと休めたなら、次の対処法に移る必要があります。

自己の分析や会社の情報集めをしてみる

転職活動がうまくいかない原因は、もしかしたら自己の分析が甘いか、もしくは応募したい会社の情報収集が不十分な可能性もあります。

履歴書を書く時に、もうすでに終わってるよ。と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、そもそもその考え自体が間違っている可能性も探りましょう。

心が疲弊している時には、良い考えも浮かばないものです。

だからこそ、心身共にリフレッシュした段階で、失敗の原因を探ってみましょう。

自分の強みをアピールする方法の練り直しや、キャリアやスキルの棚卸もしっかりと行い、次の面接に備えておくことも必要です。

誰かに愚痴を聞いてもらう

転職活動で疲れた時の愚痴や悩みを、人に聞いてもらうことも必要です。

もしかしたら、会話の中で自分の悪かった部分にも気づいてもらえるかもしれないからです。

そのため、もし転職活動で疲れてしまった場合には、まず人と接する機会を増やしてみましょう。

人と話すことで気分転換にもなりますし、愚痴を聞いてもらえればそれだけでもリフレッシュできます。

お酒を飲むのも良いですし、会食などしてみるのもおすすめです。

体力的な疲労感も問題ですが、やはり心配になるのはメンタル面での疲労感です。

ストレスが無くなるだけでも、疲労感はかなり減るでしょう。

転職活動のスケジュールの見直し

転職活動で疲れてしまうのは、そもそも最初のスケジュールがうまく立てられていない可能性もあります。

スケジュール管理がしっかりしていないと、転職活動もそれだけ長引き、結果疲れてしまうことになります。

せっかく休息をしっかりと取っても、また同じスケジュールでは意味がありませんので、スケジュール管理はとても大切です。

転職活動の平均期間は、およそ3か月ほどなので、その中で無理のないスケジュールを組んでみましょう。

転職活動で疲れているそもそもの原因

転職活動で疲れてしまう原因は、そもそもが就職できないことによるストレスが大半です。

転職活動がうまくいかない原因を洗い出すことで、就職もうまくいき、スムーズに転職が決まる可能性もあります。

まずは、何が問題で転職活動が長引いてしまっているのか、問題点を探してみましょう。

面接日程が決まらないのが原因

面接の時間帯が終業時間になることが多い、現職を持ちながら転職活動をする人に多い悩みです。

相手との約束がうまく取り付けられず、面接自体が中止になることが多いと、それだけでも転職活動は長引いてしまいます。

もし面接の日程が決まった時には、先に会社側に連絡を取り、正直に行けない旨を申告し、面接の時間と仕事の時間が重ならないように注意が必要です。

現職の仕事先で、全く話を聞いてもらえないようなら、労働基準監督署に相談を持ち掛けてみるのも良いでしょう。

そもそもお金がないから

会社を退職してから、転職先を探す人に多い悩みの一つです。

スムーズに決まるのが理想ですが、現実では転職先がすぐに決まることは少ないです。

現職のまま仕事を探すよりも、時間に余裕ができる代わりに、お金がなくて転職を焦る場合もあります。

もし退職をしてから転職を考えているなら、まずは退職する前にまとまったお金(生活費は4か月分は用意しておきます)を用意し、転職活動が長引く場合に備えましょう。

精神的に不安定

長い間転職活動を続けている人は、精神的に不安定になりやすいです。

特に積極的に活動をしている人ほど、就職が決まらなかった時のダメージは大きい傾向にあります。

もし転職先で受け入れなかったとしても、必要以上に落ち込む必要はありません。

何も人格を否定されているわけではなく、単に会社と条件がマッチしていないだけのことです。

ミスマッチした会社に就職しなくてよかったとプラス思考に転じて、精神的なダメージを軽減するようにしましょう。

まとめ

転職活動は時間がかかるものとわかっていても、長い期間の活動は精神的にも体力的にも疲れてしまいます。

でも、そんな時こそ、転職活動がうまくいかない理由を探るべきです。

疲れが溜まったら、休んでも構いません。

まずは、疲れが高じてうつなどにならないように、しっかりと休息を取って、その間に問題点を今一度考えなおしましょう。

転職活動中は誰でも疲れるものと考え、今できることをやっておけば、休息の後の転職活動も上手くいくようになるでしょう。

シェアする

フォローする