転職活動はいつからがベスト?転職のタイミングを解説!

シェアする

転職活動は、いつから始めても同じ結果と思っていませんか?

転職活動はそもそも長期スパンで考える必要がありますが、ベストなタイミングを知っておけばよりスピーディに内定がもらえることもあります。

転職のタイミングは色々ありますが、まずは転職理由を明確にして、ターゲットを絞っておきましょう。

今回は、転職活動を始めるベストなタイミングやベストな退職時期などご紹介します。

転職活動は少なくても3か月前から

転職活動を始めるなら、少なくても3か月前から始める必要があります。

なぜなら、書類の作成や情報収集などに時間がかかるため、1か月前からでは遅すぎるからです。

転職活動の目安の期間は、以下の通りです。

  • 情報収集や会社への応募期間:1か月
  • 面接に要する期間:1か月
  • 内定や現在の職の引継ぎに要する時間:1か月

この時に、就職までの期間を逆算して計算する必要があります。

目安を見てみれば、転職活動にはおよそ3か月かかることがわかります。

ただ、こちらはあくまで目安で、最短ルートと考えてください。

スムーズにいかない場合は、半年以上かかることもあります。

退職する時期を見定めるポイント

転職活動をするなら、現職を持ったままで探すのがベストです。

もし現職で働き続けながら転職活動も同時に行うなら、退職する時期も見極める必要があります。

ポイントを以下にいくつかご紹介します。

有給は消化しておく

退職が決まっているなら、有給はしっかりと消化しておきましょう。

有給をどうやって消化していいかわからない場合は、転職活動に充てる方法もあります。

ただ、転職活動で有給を取る場合は、どれくらいの期間を有給で消化するかしっかりとスケジュールを確認する必要があります。

ボーナスの支給前後で退職

もし現職でボーナスがもらえる会社なら、ボーナスの支給前に退職はしないようにしましょう。

ボーナスが減額される恐れもありますし、転職に適した時期は、ボーナスの支給前後だからです。

転職に適している時期は後述しますが、決算期の1月から3月や、7月から9月の間は会社が採用を多く行うので、ちょうどその時期がボーナスの支給前後にあたります。

仕事の引継ぎはしっかりと

退職する際には、仕事の引継ぎはしっかりと行っておきましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざにもある通り、今までお世話になった職場への礼儀を忘れてはいけません。

円満に退社をするためにも、引継ぎをしっかりとする必要があります。

もしかすると、引継ぎに対する評価も転職先に伝わる可能性もありますので、もう辞めるのだからと投げやりな態度を取らないようにしましょう。

転職活動を始めるベストなタイミングとは?

転職活動を始めるなら、活動期間が長くなることを見計らって、なるべく効率的に動きたいものです。

人材としての評価が高いうちに転職をすれば、希望職種に就ける可能性も高くなります。

転職活動を始めるのにベストなタイミングを、以下にいくつか解説します。

求人が多い時期

転職活動を始めるなら、求人が多い時期から始めてみましょう。

ちなみに、会社の求人が多い時期は「1月から3月」もしくは「7月から9月」と言われています。

転職者は新卒者と違い、就活の時期が決まっていないため、なるべく求人の応募が多い時期に始める必要があります。

ちなみに、転職活動に向いていない時期は「4月」または「12月」と言われています。

4月や12月は、会社のイベント(新卒者採用セミナー、決算、人事異動)が多くなる時期なので、求人にまで会社の手が回らなくなります。

そのため、求人数も減るため、転職活動を成功させたいなら、倍率の低い時期に活動を始めるのがポイントです。

心も体も限界を超えた時

今の仕事に体力的にも精神的にも限界を感じた時も、転職活動を行うタイミングです。

せっかく入ったのだからと無理をして働いても、パワハラやモラハラなどを受けている状態で働いても、効率が下がるだけでなく、病気になる可能性もあります。

自分に合わない仕事や会社で長く働くのは、時間と労力の無駄です。

手遅れにならないうちに、サクサクっと転職活動に切り替えましょう。

生活費などの蓄えが4か月分以上ある時

転職する時には、現職を続けたままの方が良いのは、主に金銭的な理由からです。

もし貯金が全くない状態で退職をするとしたら、まず経済的な不安があり、転職活動も焦ってしまいがちです。

今の仕事に不満を持って転職活動をするなら、また同じ失敗をしないためにも、金銭に余裕があれば、心にも余裕が持てます。

就職活動は最低でも3か月は必要になるので、退職後の活動期間中も生活ができる程度の貯金をしておきましょう。

もし3か月で仕事が決まらなかったとしても、4か月目には失業保険の受取も可能になります。

どうしても退職したい理由があれば別ですが、できれば貯金を蓄えてから退職するのがベストです。

資格を取った時

転職先で必要になる資格を取った時も、転職活動を始めるべきタイミングです。

例えば、事務職に転職したい場合などに、簿記の1級を取ったなどの時は転職活動を始める絶好のタイミングです。

TOEICの資格を得たなら、外資系企業にも転職できますし、プログラム関係の資格をとったなら、ITエンジニアにもなれるでしょう。

もし有利な資格を取ることができれば、あなたの市場価値はグンと上がりますので、ぜひ専門職などに転職してみましょう。

会社からスカウトがあった時

転職サイトなど登録しておけば、自分のスキルにマッチした会社からスカウトが来ることもあります。

スカウトが来れば、面接もすぐに決まり、すぐに転職できる可能性が高いです。

条件の良い求人を探すなら、転職サイトなどにひとまず登録しておき、スカウトが来るのを待ってみるのも一つの方法です。

転職活動期間が長くなる原因とは?

転職活動期間は、平均して3か月ほどと書きましたが、1か月で決まる人もいれば、1年経っても決まらない人がいます。

その差を生んでいる原因を突き止めることで、転職活動期間を短くすることも可能です。

以下に、なぜ転職活動期間が長くなるのか、原因を探っていきましょう。

面接の結果が出るまでに時間がかかるから

転職活動でいざ書類選考の後、面接を受けるまでは良いですが、会社によっては結果が出るまで時間がかかることがあります。

特に、応募する人が現在も職に就いている場合は、面接の日程調節がうまくいかず、それが原因で面接を受けるまでの期間が長くなり、結果転職活動期間も長くなってしまいます。

会社側の対応が遅い場合も考えられますが、退職してからの面接でない場合は、日程調整が難しくなることも頭に入れておきましょう。

退職交渉に時間がかかるから

転職活動がうまくいって内定がもらえたとしても、退職交渉にも時間がかかることを知っておきましょう。

円満退社をするためにも、交渉は必須ですが、退職したい旨を上司なり会社なりにしっかりと伝える必要があります。

退出願を出す期間が決まっている会社もありますので、事前にしっかりと調べておきましょう。

転職先の入社時期にも影響しますので、退職交渉にかかる時間もしっかりとチェックが必要です。

応募の仕方が悪いから

いざ求人に応募しても書類選考までには時間もかかり、一社だけに絞って応募してしまうと、その空白の期間やることがなくなってしまいます。

もし一社だけの場合、面接で落ちたら、また最初から応募をし直す必要あり、非常に無駄に時間だけがかかります。

それを防ぐためにも、転職活動をするなら、複数の会社に応募しましょう。

複数の会社に応募しておけば、もし内定が複数決まったら、より良い条件の会社を選べば良いので、心にも余裕ができます。

まとめ

転職活動には最低でも3か月はかかると、長期スパンで捉える必要があります。

またベストなタイミングを知っていれば、よりスピーディに内定をもらえる可能性もあり、逆に適さない時期だと無駄に時間ばかりが過ぎてしまうことにもなりかねません。

転職には長期間が必要なことを知り、ベストなタイミングを見計らって、準備期間などのスケジュールを練るようにしましょう。

シェアする

フォローする