転職活動で失敗しないスーツの選び方!失敗しないポイント

シェアする

転職活動では、どんなスーツでもOKと思っていませんか?

確かに転職活動では、スーツがおすすめですが、せっかくスーツを着ていっても選び方で間違ってしまうと、逆に悪印象を与えかねません。

サイズや色など、いくつかポイントがあります。

新卒ではなく転職者であるとの意識を持って、スーツ選びをしてみましょう。

今回は、転職活動で失敗しないスーツの選び方などポイントをご紹介します。

なぜスーツが王道と呼ばれるの?

転職活動をする時に、服装選びで失敗しないためには、やはり王道のスーツを選ぶのがおすすめです。

またスーツは上下がセットになったものの方が、面接官に好印象を与えます。

スーツがおすすめな理由は、まず清潔感が出ることと、ビジネスマナーに則った服装だからです、

面接時はスーツで来るという考えが定着している日本では、むしろ面接でスーツを着てこないことに違和感を抱く面接官もいます。

面接の際に面接官に悪印象を与えないためにも、服装を選ぶ時には、上下がセットになったスーツを選ぶようにしましょう。

転職活動で失敗しないスーツを選ぶポイント

転職活動は、大学生などの就活とは違うので、ビジネスマンもしくはビジネスウーマンであることに意識を置くべきです。

転職活動のスーツ選びで失敗しないように、以下のポイントは押さえておいてください。

スーツの色や柄に注目

転職活動では、派手な柄が付いたスーツや色が派手なスーツは避けましょう。

最も一般的なスーツの色は、グレーかネイビーです。

柄はない方が良いですが、派手すぎない柄(シャドーストライプ、ピンストライプ)に抑えます。

ただ、派手なスーツは避けるべきですが、余りにも地味すぎるスーツも避けた方が良いです。

業界を選ばないシンプルなスーツは、転職活動用に一着は持っておきましょう。

応募したい会社の社風に合わせることも大切なので、どの業界でも使えるスーツと言えば、やはり上記でご紹介したスーツがベストと言えます。

サイズにも注目

いくらスーツを着て行っても、サイズが合わないと全体的にだらしなく見えてしまいます。

そのため、自分の体に合ったサイズもスーツ選びでは重要です。

自分の体に合っているかを確認するには「不自然な皺ができていないか」「ベントが開いたりしていないか」「屈伸した時に窮屈にならないか」で確認してみましょう。

ベントと言うのは、背中にあるスリット部分です。

もし椅子に座った時などに、ベントが開いている場合は、スーツのサイズが小さすぎる可能性があるので、事前にチェックしましょう。

リクルートスーツはNG?

転職活動の最中に着るのはスーツがおすすめですが、なるべくリクルートスーツは避けるのが無難です。

なぜなら、リクルートスーツは新卒者向きであり、転職活動には向いていないからです。

他にも、リクルートスーツが転職活動に向かない理由には以下のようなものがあります。

  • 学生向けで安っぽい印象を与えるから
  • 無地なのは良いが、黒か紺色しかないから
  • 生地が薄いので耐久性に難があるから

転職活動をしていても、若い20代の男性ならリクルートスーツもありですが、年を取ってからの転職では、リクルートスーツは避けた方が良いでしょう。

リクルートスーツは買いやすい価格ですが、もし本格的に仕事をしたいなら、やはりリクルートスーツではなく、一般的なビジネススーツを選ぶべきです。

失敗しないスーツの着こなし方【男性編】

スーツ選びが成功しても、着こなしがうまくいかないと面接でも悪印象を与えることがあります。

以下に、男性のスーツの着こなし方を簡単に解説します。

ネクタイ選びも慎重に

ネクタイを選ぶ時には、派手な色や柄のものは避けるようにします。

業種にもよりますが、ネクタイの色を指摘してくる会社は少なく、ある程度自由な面がありますが、それでも派手なタイプは避けましょう。

介護職であれば、落ち着いた雰囲気のネイビーがおすすめで、IT企業などなら赤色のネクタイでも大丈夫な会社もあります。

ベルトは黒で統一

ベルトの色を選ぶなら、まず黒がベストで、柄のないタイプを選びます。

もちろん、長さもあらかじめ調節しておき、バックルの色も派手すぎないものを選びましょう。

ワイシャツは白がおすすめ

スーツに合わせるなら、ワイシャツは必ず白色を選びます。

他の色でもOKな業種もありますが、転職活動の服装で失敗しないためにも、白にしておく方が無難です。

靴の色も重視

男性の靴を選ぶなら、黒色か焦げ茶を選びましょう。

またシンプルな靴を選ぶ必要があるので、必要以上に先のとがった靴などはおすすめできません。

無難なタイプの靴を選ぶように、意識してください。

靴下の色もチェック

靴下の色は、スーツの色と同じ系統の色で選ぶようにします。

黒いスーツに白い靴下は違和感がありますので、気をつけましょう。

時計選びも慎重に

男性のアクセサリーの代表的なものには、時計がありますが、こちらも応募する会社に合わせて選ぶようにします。

例えば、ハイキャリアの業種なら、ハイブランドの時計の方が好印象ですし、第二新卒の場合ならローブランドが好印象です。

IT企業では、スマートウォッチが好まれることもありますが、一般的な時計の方が失敗は少ないと言えます。

失敗しないスーツの着こなし方【女性編】

女性の場合、スーツにもパンツとスカートタイプがあるので、男性よりも選ぶのは難しいかもしれません。

以下に、女性のスーツの着こなし方を簡単に解説します。

パンツとスカートはどちらが良い?

女性がスーツを着る場合に最初に悩むのが、パンツにするかスカートにするかですが、どちらを選んでもOKです。

ただ、スカートの場合短すぎても長すぎても良い印象を与えないので、膝丈になることを意識して下さい。

またパンツで面接に臨むと、面接官によっては真面目な人と好印象を与えることがあります。

とは言え、業種にもよるので、あらかじめ社風はチェックしておきましょう。

インナーはどれが良い?

インナーを選ぶ時には、レースのついていないカットソーかシャツを選びます。

また色も大切で、必ず白色を選ぶようにします。

派手な印象を与えるだけでなく、清潔感も損なわれるので白を選ぶのが無難です。

靴の色は?

靴を選ぶ時には、黒色のパンプスがベストです。

ヒールもローヒールを選び、極力シンプルにする必要があります。

見出し3:ストッキングの色は?

女性がスーツを着る場合は、パンツやスカートに関わらず、必ずストッキングを履きましょう。

ストッキングの色は、肌に近い色を選ぶのがポイントで、肌色か透ける白色にします。

黒や青、ピンクなどの派手な色は、悪印象を与えるので気をつけましょう。

時計はどれを選べば良い?

時計も男性の時と同じく、シンプルなタイプで、業種に合わせてメーカーやブランドを変えましょう。

スマートウォッチはNGなので気をつける必要があります。

失敗しないスーツの着こなし方【季節編】

スーツは夏と冬では、当然着方が変わってきます。

NGな服装にならないように、季節にも合わせて選んでください。

夏場は涼しげな印象を与えること

夏場であっても、特別に会社から指定がない限りは、ビジネススーツで面接に臨む必要があります。

ただ、汗をダラダラと流していると、不潔な感じを与え、それだけで面接官に悪印象を与えますので、夏用のインナーや冷感グッズを用意しておくと良いです。

冬場はコートやタイツにも注目

冬場の面接では、ダウンジャケットなどではなく、ビジネスのカジュアルなコートがおすすめです。

黒かベージュのトレンチコートが良いですが、チェスターコートやステンカラーコートでもOKです。

また、女性の場合、寒いからとタイツを履いてしまうと悪印象を与えるので、冬場は厚手のストッキングを履くようにしましょう。

まとめ

転職活動で失敗しないスーツを選びたいなら、ポイントを押さえて、ビジネスマナーがしっかりとしている印象を与えるようにしましょう。

リクルートスーツなどは安価で手軽に手に入りますが、新卒者ならそれでも良いですが、転職活動には不向きです。

スーツでは清潔感とマナーを印象付ける必要もありますので、サイズや持ち物にも気を配ってください。

転職時にスーツを選ぶ時には、基本は派手すぎない無難な色や柄を選ぶのがポイントです。

シェアする

フォローする