転職活動にかかる期間の目安は?長引かせないコツを解説

シェアする

転職活動にかかる期間を知らないことで焦ってしまい、転職先が希望通りに行かなかったことはありませんか?

転職活動期間の目安もありますが、基本的には転職活動期間は長期スパンで考えるようにしてください。

活動期間を長引かせないためにも、まずは準備期間をしっかりと確保することが大切です。

今回は、転職活動にかかる期間の目安や長引かせないためのコツなどご紹介します。

転職活動は短い方が良い?平均期間は?

転職活動の平均期間は、およそ3~6か月ほどと言われています。

ただ、中には1か月のスピード決定に成功した人もいますので、平均期間はあくまで目安の期間です。

より良い条件が見つかれば転職したい場合や、そのうち転職したい場合など、緊急性が低い転職なら、平均の転職活動で問題ありません。

スキルアップのために転職を早めにしたい場合や、すでに退職の時期が決まっている場合などは、緊急性が高いのでできるだけ早く転職活動に入った方が良いでしょう。

転職の平均期間である3~6か月というのはあくまで目安であり、状況によっては変わります。

転職活動の流れと手順

転職活動は、まず転職の準備から始まり、内定・退職までを計算すると4か月以上はかかる計算になります。

以下に、一般的な転職活動の流れや手順を解説します。

①転職の準備期間~書類作成まで(約2週間)

転職の準備期間では、まずどこの職場でどう働きたいのかを考え、会社の情報を集めることから始めます。

その上で応募したい会社が決まったら、履歴書や場合によっては職務経歴書などの書類を作成することになります。

この準備期間では、約2週間くらいを目安にして、できるだけ早く準備をしておきましょう。

②求人応募~面接まで(約2か月)

準備が終わったら、次は実際に行動に移っていきます。

まずは、希望する会社が見つかったら、求人応募をし、面接までいけるようにしましょう。

準備期間でしっかりと書類を作成しておかないと、書類選考で落ちる場合もありますので気をつけてください。

もし在職中に転職をする場合は、退職交渉を始め、引継ぎが終わってから退職となります。

面接の結果次第では、当然転職することはできません。

面接の対応などもしっかりと準備期間にプランを練っておくと良いでしょう。

③内定~退職(約1か月半)

面接が成功してから、内定通知が来ればひとまず安心です。

在職中の場合もそうでない場合も、内定が決まってから退職となります。

在職中に転職を行うメリットやデメリットは?

転職で理想的なのは、在職中に転職活動を行うことです。

転職が失敗しても仕事を失う可能性が低いので、その分楽になれる部分もあります。

内定を終えてから引き継ぎや退職ができれば、スムーズに転職も行えます。

在職中の転職の場合、時間の制約(勤務時間など)があるため、なかなか本格的な転職活動に時間を割けないというデメリットがあります。

ただ、職を失う危険性が低いため、収入に関しての心配がないのはメリットと言えます。

今も働ける環境があることで、内定先を急いで決める必要もなく、その意味では時間的な余裕もあると言えるでしょう。

在職中であっても、複数の会社の求人に応募することは可能なので、メリットやデメリットを確認した上で、転職するかどうかを決めると良いです。

在職中に転職する際のメリット

在職中に転職すれば、色々なメリットがありますので、以下にいくつかご紹介します。

  • 収入が途切れずに済むので、経済的にも負担が少ない点
  • 応募企業から離職中の離職に対する不信感を持たれずに済む点
  • 転職が決まらない場合でも、現職を続けられる点
  • 見出し3:在職中に転職する際のデメリット

在職中に転職すると、メリットもありますが、当然デメリットもありますので、以下に見ていきましょう。

在職中に転職する際のデメリット

  • 履歴書の作成などの準備期間に追われてしまう点
  • 引継ぎや各種手続きを短期間で終わらせないといけない点
  • 面接時間の調節がしづらい点
  • 現職で引き止められてしまい、そもそも転職ができなくなる点
  • 退職時期や入社時期の折り合いがつかないことがある点

退職してから転職を行うメリットやデメリットは?

在職中と違い、すでに退職してからの転職活動では、まず収入がないことで経済的な不安が生まれる可能性があります。

収入をすぐ得たいからと慌ててしまうと、希望職種に就けない可能性もあるでしょう。

時間の制約がない分、転職活動に本腰を入れることもできるので、比較的短期間で転職が可能な場合もあります。

ただ、面接までこぎつけてほっとしていても「なぜ、離職中なのですか?」と質問される可能性があり、有利な面だけではないことも知っておきましょう。

退職してから転職する際のメリット

退職してから転職をする場合、上記のように時間制約がないことは一番のメリットと言えますが、他にもメリットがあるので見ていきましょう。

  • 自分のキャリアやスキルの棚卸に時間を割ける点
  • 同時進行が容易なので精神的負担が減る点
  • 転職活動期間に余裕が持てる点
  • スキルアップなどに時間を割ける点
  • 失業手当をもらえる点
  • 心も体もリフレッシュして転職ができる点
  • 複数の会社を同時に面接でき、短期間で決まる可能性がある点

退職してから転職する際のデメリット

退職してから転職をする際に、一番気になるのは金銭的な問題です。

収入が途絶えることで、面接まで急ぐが必要あり、その面では新たな精神的負担が生まれることもあります。

  • 離職期間が長いと面接官に不信感を持たれる可能性がある点
  • 転職活動期間が長引くと精神的負担が大きくなる点
  • 慌てて内定先を妥協してしまう点
  • 収入がなくなることで経済的に不安になる点

転職期間を長引かせないためのコツは?

転職期間を長引かせないためには、ポイントを押さえる必要があります。

なぜ転職を考えたのかなど、目標を明確にし、在職中や退職してからのメリットやデメリットもしっかり確認しておきましょう。

ゴール時期をはっきりさせる

ゴールする時期がはっきりしていないと、転職活動中にずっとストレスを抱え込むことになります。

ゴールがあれば、目標もはっきりし、それに向かって邁進できますし、期間が決まっていれば「ここまで頑張れば大丈夫」と一息つくことができます。

複数の会社に応募しておく

転職活動をするなら、一社に絞らず、複数の会社に応募しておくと、転職期間を短くすることができます。

もし多くの会社から内定がもらえれば、その中から好きな会社を選べるので、より希望した会社に就職できる可能性も高いです。

内定を選択できることは非常にメリットが大きく、本命会社に落ちたとしても、残りの会社を選べるので、ある程度の妥協はあるとしても、落ちた時のショックを和らげることもできます。

本命の会社一本に絞ってしまうと、また最初から転職活動をやり直す必要があるため、時間的にも精神的にも負担が多くなります。

一本に絞った場合もメリットはないわけではないですが、転職活動期間をできるだけ短くしたいなら、選択肢が広がるように複数の会社に応募するのが良いでしょう。

まず転職の目的を決める

転職活動期間が長くなるほど、理想とする会社は増えていきます。

ただ、現実には理想の会社というのはそんなにあるものではありません。

まずは転職の際に、必要な要素やかなって欲しい条件など、整理して転職の目的を決めるようにしましょう。

目的が決まれば、応募した求人が増えるメリットもありますし、内定が決まった場合も、転職後に実現したかった内容を判断することもできます。

まとめ

転職活動は、在職中にするのか退職してからにするのかで迷うこともありますが、それぞれのメリットやデメリットを確認した上で、自分に一番向いている転職活動をしてみましょう。

転職活動にかかる期間の目安も確認し、焦って転職活動をすると、希望通りの職種に就けないこともあります。

もし以前の会社での不満が原因で転職活動をしているなら、内定先を妥協するのは本末転倒です。

転職活動をできるだけ長引かせないためにも、転職の目的やかかる期間などをしっかりと考えておく必要があるでしょう。

シェアする

フォローする