転職を成功させるためのテクニックとは?ポイント別に詳しく解説!

シェアする

会社員となって定年退職するまで一度も転職を考えたことが無いという人は少数派でしょう。大多数の人は悩み苦しむ経験をしているものです。しかし、そこで実行する人としない人に分かれます。

分かれる要因は、個人的なものを除くと「明確な転職目的の有無」です。

よく考えた上で転職を決断したのなら、必ず成功させたいですよね。

そこで今回は転職を成功させるために知っておきたいテクニックをご紹介しましょう。

考えた結果なら迷わず行動

なぜ転職?もう一度自分に確認

転職を考える発端は人によって様々です。

思っていた仕事と違っていたとか、職場の人間関係に悩んでいるとか、まさに百人いれば百通りといったところでしょうか。

転職を考えた理由を探ってみると、第1位は「他にやりたい仕事がある」です。

第2位は「会社の将来に不安を感じる」第3位は「給与に不満がある」でした。

理由は何であれ、転職を意識し始めるとなかなか頭から離れないものです。

考えるだけでは始まりませんが、むやみに動き始めると失敗のリスクが高まります。

自分がなぜ転職したいのかを熟考し、明確な答えが出てきたならあとは行動あるのみです。

決断したら迷わない

転職のことを真剣に考えれば考えるほど陥りやすいスパイラルがあります。

例えば「この会社はココが良いけど、ココはダメ」とか「この企業はそこそこ及第点だけど、給料が安い」とか、一長一短に気を取られ決めきれなくなるのです。

細かい点を拾い集めて「もっと良いところが無いか」と探し続けても、結局一番初めに考えていた企業に戻るのも良く聞く話です。

まず、柱を決めましょう。転職活動の大黒柱です。

「自分にとっての理想の仕事とは」を決めてしまうとブレません。

あとは理想に向かって行動あるのみです。

自分の価値を客観視する勇気

まずは実力を認識

転職するために整理しておきたいことの1つ目は「自分の実力を正しく知る」ことです。

言い換えれば「自分の市場的価値」でしょうか。

転職するなら、待遇面でも給与面でも、今より良い条件を望むのは当たり前のことですが「自分は望む条件に見合う実力を持っているだろうか」と考えてみるのです。

例えば「課長になりたい」なら「自分はどんな会社でも課長として部下を束ねる実力があるか?」と自問自答してみましょう。

転職を受け入れたいと考えている企業のほとんどは、即戦力を期待しています。

社会的に裸になった時に自分に残るものが「自分の実力」なのです。

自分の力量を客観的に測定する方法をご紹介しましょう。

できる事とできない事を整理

自分を客観的に測定する方法として、一番簡単なのが「通信簿方式」です。

まず表を準備してください。

縦の列には自分が考える「理想の会社員の条件」を記入していき、横の行には「今の自分を5段階評価」した結果を記入します。

グラフにしてみるのも納得しやすくて良い方法です。

縦の列は何項目あっても問題ありませんが、評価は5段階でおこないましょう。なぜなら、これが一般的な企業内評価方法なのです。

「全員がんばったのだから全員評価は5」とはいかないのが現実社会です。

自分自身の強みや弱みもあぶり出されるので、転職する前に勉強しておくべきものが見つかるかもしれません。意外な潜在的条件も浮かんでくるかもしれませんね。

孤独にならない

情報量は多いほど良い

転職を考える時は孤独になりがちです。でも、一人で悩み考えても前には進みません。

考えすぎない。悩み過ぎない。これが大切です。

狙っている企業があるなら、その会社のことを詳しく知っておくほうが安心を感じるものです。まずは情報収集から始めましょう。

ネット検索で出てくるオープン情報はもちろん、その企業に在職している人から得る生情報が入手できれば一番です。

強いコネやツテがあれば別ですが、なかなか欲しい情報を得るのは難しいですね。

まず、知りたい情報を持っていそうな人を探してみましょう。

学生時代の友人に聞くのも一つの手です。意外と「その会社なら○○さんが勤めてるはずだ」という話が出てくることもあるようですよ。

転職経験者や転職サイトを頼る

転職を実行した人に話を聞くのも有効な手段です。

今の自分と同じように悩み、そして実行に移した経験者の話は「宝の山」です。周りにそんな人がいるならぜひ話を聞けるようにしてみましょう。

もし転職したい仕事や企業が具体的になっているなら、一番の情報源は「転職エージェント」や「転職フェア」です。何より正確な情報が数字として認識できるのでおすすめです。

希望や諸条件を伝えると、それに近い企業を何社か提示してくれます。自分の希望を話すうちに「気づき」が生まれることもあります。

情報収集は「軽い気持ち」で始めてみましょう。

理想だけで企業を選ぶのはNG

自分にとっての理想の仕事

「あなたにとって理想の仕事とは何ですか?」

そう聞かれて即答できるなら大丈夫です。

でも、ほとんどの転職希望者がこの問いに応えられません。

希望の条件は言い易いのです。待遇面とか金銭面とか、通勤時間とか環境とか具体的に数字で示せますから。

でも理想を聞かれて「通勤が1時間以内です」では答えになっていませんね。通勤が1時間以内なら、待遇が悪くても給料が安くても満足ですか?違いますよね。

理想とは概念論です。理想と希望条件は別物です。

よく考えて自分の理想を導き出して下さい。理想が判れば、次は希望する条件を決めましょう。

どこまで譲歩できるか

探して探して、調べて調べて。希望通りの企業に出会う道のりは険しいのです。

まずは「自分の条件」にプライオリティを付けてみましょう。

これは譲れない」を1番として、2番は「これも諦めたくない」というように決めます。言い換えればどこまで譲歩できるかということです。

譲歩する項目は少ないに越したことはありません。しかし、100%満足できる希望通りの企業は無いと考えたほうが良い結果につながりやすいです。

BESTが無いならBETTERです。そしてできればMORE BETTERですね。

転職活動は在職中に

転職活動中の生活も現実

転職が決定するまでの間もお金は絶対に必要です。

もしも「すぐにでも辞めないと病気になってしまうほど」だったり「辞めても生活には困らないお金がある」以外なら、今の仕事を続けながら転職活動をしましょう。

日々の仕事をきちんとやってさえいれば、月々の収入は確保できます。仕事以外の時間に転職活動をするのですから何の問題も無いのです。

生活の心配が回避できれば、心にもゆとりが生まれるので余裕をもって活動できます。

転職は職場の仲間を裏切ることではありません。ステップアップなのです。

転職活動の実行期間は概ね半年と考えると進みやすいようです。

内定をもらうまでが3か月、退職を申し出てから3か月が最短と考えましょう。

ベストタイミングから逆算

会社によっても部署によっても抜けられるタイミングは違います。

急に辞めると仲間にシワ寄せがあるかもしれません。円満に次のステージに進むためには、タイミングが大切です。

そのタイミングを見極めて、逆算した行動スケジュールをたてましょう。

先に述べたように、実際の活動期間は最低でも6ヵ月です。

この6か月には企業探し時間は含まれていません。

例えば、退職のベストタイミングが8月だとすると、2月末までには転職先企業を絞り込み、5月末までに内定決定、6月初旬には退職を伝えるというのが最短スケジュールです。

但し、企業によっては内定を出すまで2か月以上かかることもあるので注意が必要です。

職場の仲間には絶対秘密

「ついうっかり」は厳禁

転職を考え始めると不安や孤独になりがちで、ついつい人に話してしまうものです。

話してはいけないわけではありません。ただし、話す相手は選ぶ必要があります。

まず、どんなに親しくても職場の仲間には秘密にしてください。

その理由は余計なプレッシャーを回避するためです。

中には心から応援してくれる職場の仲間もいるかもしれません。

でも快く思わない人もいるかもしれませんね。

無駄な軋轢は起こさない方が良いのです。

これは自分も含めた職場環境を守るために絶対必要なことだと認識ください。

転職するまでは現状維持

転職活動はあくまでも自分だけの問題です。

情報収集や転職活動の一環として、信頼できる人に相談するのは大いに結構です。

でも、それは職場の仲間や上司ではありません。

もしも希望に合う企業が無く、それなら今のまま働こうと心に決めたとします。

実際にそういう人は多いのです。

それを考えただけでも、話さない方が良いのは明確ですね。

ついうっかり飲みの席で、職場の仲間に「転職しようかなぁ」と話した人がいます。

1週間後には話が大きくなって上司に伝わり、何も決まっていないのに辞めざるを得ない状況になってしまったそうです。

当然のごとく生活費にも困り、バイト生活を余儀なくされ、転職活動もままならない状況になりました。

職場の仲間には絶対に秘密です。そして今の仕事を淡々とおこなうことです。

面接は家を出た瞬間から

面接の準備は早めに

自分に向き合い、考え抜き、選んだ企業での面接にまで漕ぎつけました。

本当の勝負はここからです。

学生時代の就職面接と社会人になってからの転職面接はその内容が大きく違います。

前者は「ふるい落とすための面接」ですが、後者は「採用するための面接」なのです。

転職を受け入れようという企業は「粗探しのための面接」はしません。

細かなマッチングを確認したいと思っての面接だと考えましょう。

自分を気に入ってもらうために、企業側の言いなりの条件をのむ必要はありません。

こちらの条件もきちんと伝え、ベストマッチングを目指しているという姿勢は高評価につながることが多いようです。そのためには事前の準備が重要なのです。

しっかりとお互いが伝え合う。

これが転職の面接の根幹だと思ってください。

面接日のスケジュールは何度も確認

自分の夢がかなうかもしれない転職の面接当日は、休暇を取得して臨むべきです。

仕事の合間にちょっと抜けてなど絶対にやめましょう。

そもそも先方に失礼ですし、何か仕事で突発的なことが発生し遅刻なんて最悪です。

時間にゆとりをもって行動し、できれば開始30分前までには会場に到着しておくのが良いでしょう。

転職エージェントを利用している場合、そのあたりの注意事項は事前に教えてくれるところが多いです。

気負うなかれ、侮るなかれです。平常心を心がけてください。

服装にも気をつかいたいところです。

華美な服装は一般的な企業の面接には向きません。かといって新卒者が着るようなリクルートスーツも違和感を感じさせます。

シックで上品なスーツが良いでしょう。

靴やバッグもきちんと手入れして臨みたいものですね。

まとめ

転職を考える人にとっての頼りになる存在は「転職エージェント」と「転職フェア」だとお伝えしました。

ではどこのエージェントが信頼できるのでしょうか?

いろいろと調べてみてご自身で判断されるのが一番ですが、一般的に信頼性が高いと言われているエージェントをいくつかご紹介しましょう。

パソナキャリア https://www.pasonacareer.jp/corp/
リクルートエージェント https://www.r-agent.com/
doda https://doda.jp/
マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/
JACリクルートメント http://www.jac-recruitment.jp/

上記の5社は無料登録検索が可能です。

それぞれのサイトを訪問するとわかりますが、得意とする業種や年代があります。

ご自身の利用しやすいサイトで登録してみてはいかがでしょうか。

希望条件などを登録するとアラートしてくれるサービスもありますので利用してみましょう。

転職フェアもおすすめです。

転職フェアは各地で開催されていますので、最寄りの開催スケジュールをネットで確認してみましょう。ちなみに当サイト内でも詳しく掲載していますので、ぜひ活用してくださいね。

フェアの良いところは、一度に複数社の情報を得ることができるところです。どんどん活用してステップアップを目指してください。

さあ、ステップアップを目指して転職活動を始めましょう!