生活環境を改善する転職の条件とは?

シェアする

やはり転職しよう
転職で変わるものといえば何でしょう? 転職で変わるものとしては、収入・仕事・職場・人間関係などが思い浮かびますね。これらを一変させるのはとても勇気のいることですが、あえて変える目的はズバリ、生活環境を改善したいからです。そして、生活環境の改善が実現できれば結果的にその転職は成功と言うことができます。では「生活環境が改善できる転職」とはどういうものを言うのでしょうか? ここであらためて考えてみたいと思います。

転職活動に至るまでの心の動きを整理してみよう

転職活動を始める前の段階では、心の中で「転職活動を推し進めたい気持ち」と「転職を思い留まらせようとする気持ち」がせめぎあいます。
まずは、あなたが「転職したい」、「転職しなければならない」と考える理由は何でしょう? 思いつくところを挙げてみると、

転職活動を進めていきたい理由

  • 今の仕事がつまらない、自分に向いていないといつも思う
  • 激務すぎてこのままだと健康を害してしまう
  • 収入が低すぎて自分や家族の望む生活がかなわない
  • 会社が経営不振で先行きに不安・危険を感じる
  • 自分に対する待遇や職場の人間関係の悪さに耐えられそうにない
  • 職場が遠すぎる

といったところでしょう。実際にこれらの理由に対する裏付けが心の中で明確になればなるほど転職へのモチベーションが上がってきます。
一方で転職を思い留まらせようとする理由について見ていくと、

転職活動を思い留まらせる要因

  • 自分が辞めると周囲の人々に迷惑をかけてしまうことになる
  • 収入低下など失敗時のリスクが大きくて踏み切れない
  • 新しい環境に飛び込む勇気がない

などが考えられます。
実際にこのような「転職したい気持ち」と「転職したくない気持ち」が交互に浮かんでは消え、それらは日々天秤にかけられて揺れ動きながら、次第に転職したい気持ちに大きく傾き、それが揺ぎない状態になることで、転職活動が具体的になっていくわけです。

その転職は自分と家族に安心・幸せをもたらせるか?


転職を決意するにはどうしても覚悟が必要になります。そして転職をするからには現在よりもよい労働環境に身を置くことが望ましいということは言うまでもありません。実際に転職を決意した人が転職先に求める条件としては以下のようなものが考えられます。

転職先に求めたい条件

  • 仕事に手応え・やりがいがある
  • 健康的に末永く続けられる
  • 収入がよくなり、家族にも喜んでもらえる
  • 会社の経営が順調
  • 職場の人間関係に悩まされることがない
  • 職場が近い、通いやすい

優先順位は人によって違うと思いますが、これらの条件が揃えば揃うほど、転職したことへの満足度が高まり、家族にも安心感を与えることができます。

置かれている境遇によって転職活動のあり方は変わってくる

転職活動は自分がどのような立場・境遇にあるかで取り組み方が変わってきます。すなわち転職活動を行うに際して身動きが取りやすい人とそうでない人がいるのです。以下に見ていきたいと思います。

世帯主は転職をより早急に決める必要性がどうしても高くなる

世帯主は自分がその世帯の家計を担う責任があります。家賃(住宅ローン)、食費、光熱費等々、必要となる生活費をきちんと支払うためにその分の収入を確保しないといけません。転職時に蓄えがあればよいのですが、そうでなければすぐに次の就職先を決めてお金を家に入れて家計のキャッシュフローを途絶えさせないようにする必要があります。
もし「自分の新しい可能性を試したい」、「この仕事がいやになったので辞めたい」などの自己都合で会社を辞めてしまうと、失業手当が出るのが3ヶ月後になり、そうなると退職時に次の就職先が決まっていない場合、向こう3ヶ月の間は無収入ということになります。また失業手当が出たとしてもその額は今までの給料よりもはるかに少なく、今まで月に30~40万円以上もらっていた人の場合、15~20万円程度にまで減ってしまうので家族がいる場合はとくに、生活に支障が出やすくなってしまいます。世帯主の方は自らの失業は家族を経済的な不安に陥れてしまうということを充分自覚しておきましょう。

同世帯で自分以外に稼ぎ手がいれば転職活動に時間的余裕はあるけれど……

配偶者や親にある程度の稼ぎがある人は、転職活動に少し余裕が出てきます。きちんと転職先への希望条件を明確にしてそれに合うところを探すとよいでしょう。とはいえあまり条件を絞りすぎてしまうと応募先が少なくなってしまいますし、時間もどんどん過ぎていきます。会社は実際に入ってみないと実状はわからないものです。ある程度のリサーチは必須ですが、あまりあれこれ選り好みするよりも思い切って飛び込んでそこで一生懸命頑張っていくことの方が好ましいのではないでしょうか。早めに就職先が決まればその分早く家計をサポートすることができるので、家族も助かるのです。

生活環境の改善を実現する転職の条件とは?

転職成功01
理想の転職とは、従来の生活環境をどのように改善させることでしょうか。具体的にこんな転職ができれば成功だというものを見ていきたいと思います。

こんな転職ができれば成功

  • 収入が上がり、生活に困ること、不便なことが少なくなった
  • 仕事や会社に関する不満・ストレスが少なくなった
  • 規則正しい生活が送れるようになり健康的に過ごせるようになった
  • 通勤が楽になり、通勤に伴う疲れが軽減した

優先順位は人それぞれだと思いますが、今まで以上に収入がよくなり、心身ともに健康的な生活が送れるようになれば、その転職は大成功だと言えるでしょう。

転職後は転職に伴うデメリットを克服しよう

転職とは新しい職場に飛び込み、新しい仕事、新しい人間関係を構築することでもあります。そこでは新鮮なことに取り組める楽しさもありますが、戸惑いや経験不足が露呈され、恥ずかしくて悔しい思いをすることもあります。ここでは転職した人がより円滑に組織に順応していくための心構えについて見ていきたいと思います。

レジリエンスを高めて新しい環境に順応すべし!

「レジリエンス」という言葉は、精神医学や心理学のキーワードで、自分にとって未知で不利な状況にあっても、逆境に呑み込まれず、自分の持っている力を何とか出し切って乗り越えていく能力のことを示します。
「レジリエンス」を高めるということは忍耐力や柔軟性を高めるということでもあります。どんなトラブルがあっても不安や怒りに支配されず、落ち着いた気持ちで目の前のことに対応していく、これは忍耐力や柔軟性がないとなしえません。
職場の中で不慣れで未熟さが目立つ自分にときに腹が立つことがあるかもしれませんが、それは自らの努力とレジリエンスでカバーして何とか周囲に追いつき、慣れてきたら自分の経験やスキルを今の仕事に乗せていけばよいのです。でも、そこまでいくには、どうしても時間とレジリエンスが必要になるのです。

転職した職場にウェルカムムードを期待してはいけない

転職にバラ色のイメージを持ちすぎるのは危険であることをお伝えしておきます。あなたがその職場に入ることになった事情は意外に複雑な理由があるかもしれません。それでもそんな事情はどうであれ、あなたは転職した新しい職場でこれから職業人生のステージを構築していくのですから、あなたがあなたらしく快適に生きていけるようにその職場に受け入れてもらうことがベストです。でもそのためには少し時間がかかるということを認識すべきです。職場の雰囲気がウェルカムムードでなくても落胆することなく、「時間をかけて自分から職場の人たちとうち解けていこうという」気持ちを持つように心がけましょう。くれぐれも「歓迎会をやってくれない」くらいの理由で落ち込まないようにしてくださいね。

新天地では「へりくだり」の気持ちを忘れずに


新天地はよいことばかりではありません。かならず苦しい局面がやってきます。厳しいノルマがあったり、あなたという新人を快く思わない従業員がよそよそしい態度であなたに対応したりして、最初のうちはどう振舞っていけばよいか、迷い悩むことがしばしば出てくるものです。
転職まもないあなたは転職先の職場というコミュニティーにとって異質な存在なのです。人の身体に異物が入ることで生じるアレルギー反応のようなものが、新人を迎えるコミュニティーでは少なからず起きるものと考えましょう。かといって周囲の人たちのよそよそしい態度を「自分は嫌われている」などとマイナスにとってしまっては心が折れてしまいます。大事なのはやはりレジリエンス。「最初のうちはうまくなじめないのは想定内。相手も自分もお互いの存在に慣れてきて同席しているこの空間が日常の風景として溶け込んでいくには時間がかかるもの。せめて自分自身は謙虚に丁寧に仕事を進めよう」と考え、日々の勤務を誠実に取り組んでいきましょう。「いやなことをされた、許せない」、「みんなが冷たい」といって相手に露骨に不快感を示したり、自分の殻に閉じこもったりするのは新天地においてはとくに得策ではありません。これはアレルギー反応を示している相手に対して、より強い刺激を与えて、さらに強いアレルギー症状を起こさせてしまうようなものです。「新人だからといってなめられていけない」といったように戦闘的な気持ちにならずに、「相手もこの見知らぬ自分に対して不安な気持ちを持っているんだな」と理解・認識するとともに、そのような相手には職場の先輩として教えを頂戴する立場として接し、時間をかけてなじんでもらう気持ちを持つようにしましょう。キリスト教の教えに「だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされる」(ルカの福音書18章14節)というものがあります。新人はへりくだりの気持ちを持つように努めることで組織の懐に入っていきやすくなるのです。

転職の落とし穴に注意を!

とくに世帯主にありがちなのですが、早く就職して家計を支えていかないといけないので転職を焦ってしまい、自分の希望に近い額の給料を出してくれて自分を受け入れてくれるところがあればそこに入ろうと考えてしまいます(年齢が上がれば上がるほどその傾向は顕著になってきます)。
そして「給料が上がった」と喜んで入社したのはよいものの、売れない商品に高いノルマ設定がされていて、それがクリアできなかったり、慣れない仕事でまだ順応できないうちにスキルなしと見切られてしまったりして、試用期間でお払い箱になるという残念な結果に至るケースもありえます。これは労働条件を提示する企業にこそ問題があるのですが(このような企業こそ「ブラック企業」と呼ぶべきです)、労働条件をしっかり確認せず給料の額面だけで飛びつく転職者にも全く落ち度がないというわけではありません。
早く落ち着き先を決めたい転職者は面接で相手企業が示唆してくる達成ノルマなどの不安要素につい目をつぶってしまいがちですが、不安であれば相手にしっかり確認すべきでしょう。たとえば「入社していきなりノルマを達成する自信がないのですが達成しなければ試用期間で打ち切られることはありますか?」、「自分に○○の経験や資格はないのですが大丈夫ですか?」というように求められるものに対して応える自信がなければそれをきちんと明示して、それが達成できなかったときの企業側の判断を予め確認するようにしましょう。このとき「自分は何でもできます」というようなことを採用側に伝えると採用側はあなたに過度の期待を抱いてしまうのです。入社するためにはそれでよいのかもしれませんが、後にあなたと会社のキャリアマッチがうまくいかないと逆にあなたに対し企業が、「期待外れ」で、「約束違い」であることを追及してくるおそれがあります。これは裏技なのですが、転職者は企業に対し、過度の期待を持たせないようにすること、急な成果を求めないようにさせることが実は重要なのです。

まとめ

転職成功02
「転職して生活環境の改善が実現できた」と本当に言えるのはしばらく時間がたってからです。転職した職場で新しい仕事に慣れ、きちんと成果や実績を出せるくらいの軌道に乗った状態でようやく転職したことの是非を判断することができます。
そのうえで、「収入が上がった」、「前に比べると仕事や会社に対する不満がない」、「健康的に過ごせている」などの実感があればその転職は成功だったと初めて言えるのです。

シェアする

フォローする