転職時の面接で聞かれる退職理由のベストな答え方は?回答例も解説!

シェアする

転職時に退職理由を回答する時、正直に話せばそれでよいと思っていませんか?

確かに嘘をつかないことは大前提ですが、退職理由が曖昧な場合は、物事への解決能力が低い人と思われるのには注意が必要です。

転職時の退職理由では、応募者が物事を客観的に見ることができるかを見極めています。

今回は、転職時の面接で聞かれる退職理由の答え方など、OKとNGの回答例と共にご紹介します。

退職理由を面接で聞かれる理由は?

転職時の面接で退職理由を聞かれるのは、面接官が入社してから戦力になるかどうかを見極めるためです。

退職した理由によっては、自分の会社に入社後に同じ理由で辞めるとも限りませんし、転職してから活躍できる人材かは、退職理由を自分の中でどう対処していたのかを知ることができます。

特に圧迫面接を行う会社では、ストレスに対する耐性を見ていることもあり、退職理由を聞くということは、ネガティブな理由をどう処理するのかを見るために、わざわざ退職理由を聞くようにしています。

そのため、答え方によっては「同じ理由で辞める可能性がある人」と思われてしまい、希望する会社に入社できない可能性もあります。

退職に至った理由は、自分にとって辛い体験でもあり、ネガティブな内容でもあるため、わざと聞くことで前述したストレスへの耐性や社風に馴染めるかどうかも同時に見ています。

退職理由を答える時のポイントは?

退職理由を言う時には、会社にとって必要ない人間と思われないためにも、考え方をまず改める必要があります。

本当はネガティブな理由が原因だとしても「上司と衝突してしまったから」「自分に対する会社の評価が低かった」などの理由では、適切な理由とは言えません。

もし退職理由や転職理由を考えないで面接に臨んだ場合、理由があやふやになり、つじつまが合わなくなる可能性もあります。

そのため、退職理由を考える時には、以下のポイントを押さえておきましょう。

前向きな理由に転換する

具体的に退職理由が見つかった場合は、ネガティブな理由をポジティブに変換してみましょう。

例えば、以下のような理由に転換してみます。

  • 残業が多くて辛かった→効率的な仕事ができるように心掛けたい
  • 命令するだけで何もしない上司と合わなかった→責任のある仕事を任せてもらえるようなりたい
  • 営業目標が高すぎてノルマが達成できない→お客とじっくり向き合いたい

などのように、退職理由がネガティブだったとしても、それをポジティブに変換することは可能です。

失敗を引きずる人間よりも、前向きな社員の方が会社にとっても働いてくれるとの期待が高くなります。

失敗をどう成功に導くのかなど、退職理由を聞くのには意味があります。

応募先の会社で実現できる目標を考える

退職理由を前向きに考えることが出来たら、実際に応募先の会社で実現できそうな目標を考えるようにしましょう。

例えば「効率化の高い仕事で、仕組みづくりの業務に携わりたい」「長期的な案件を扱う営業で顧客の信頼を得られるようになりたい」などの目標が挙げられます。

転職のきっかけと実現したい目標があれば、それが転職理由でもあり退職理由でもあります。

目標が応募先の会社で実現が可能であれば、前職よりも長く働けるようにもなりますし、退職理由もよりポジティブなものになるでしょう。

退職したいと思ったきっかけを考える

退職にいたった理由をあらかじめ考えておくことも大切です。

なぜなら、退職理由があやふやなままだと、転職してからも同じ理由で会社を辞めてしまう可能性があるからです。

例えば「残業が多すぎて辛かった」「ノルマをこなすのが困難だった」「上司とうまくやれなかった」などの理由はどの会社でも起こることです。

そのため、退職理由をはっきりさせた上で、上記でご紹介したように、それをポジティブに変換することが大切になります。

嘘をつくのはNG

面接官に良く思われるようにと、退職理由で嘘をつくのはNGです。

嘘をつくと面接官はプロですから、すぐに見抜いてしまいますし、嘘をつく人間が良く思われることはありません。

例え、面接で嘘とバレなかったとしても、応募先の会社で同じような理由で辞めることが決まった時に、面接の時の発言が嘘であったことがばれます。

もしネガティブな内容で話したくないのであれば、その部分は話さなければ良いだけですし、人間性を疑われないためにも嘘はつかないようにしましょう。

不満や愚痴だけを言わない

応募したい会社の面接で、退職した理由を聞くのは、なぜ退職に至ったのかの経緯を見ています。

そのため、「前の会社の上司が嫌な人だった」「給料が安すぎた」だけが理由では適切とは言えません。

どの程度の不満があったのかなどを答えるためにも、具体的な数字を出して説得力を上げましょう。

例えば「毎日○○時間の連続勤務が常態化していた」「半年のうちに休日が○○しかなかった」などの具体的な数値を出せば、不当な労働環境であったことがすぐにわかります。

面接で退職理由を聞かれた時には、客観的な立場から言うべきですし、もしそれの改善で頑張ったことがあれば、アピールポイントになるので積極的に言うようにしましょう。

改善してもダメだったと言うのはNGではありませんので、まずは解決に向けてどのように頑張ったのかを面接官に伝えましょう。

退職理由を聞かれた時の答え方回答例

まず面接で退職理由を聞かれた場合は、なるべくネガティブにならないように、また具体的にどんな理由があったのかを明確にする必要があります。

以下に、見本の回答例やNG回答例をいくつかご紹介します。

退職理由の回答例【OK編】

まず、見本となる回答例からご紹介します。

「前職では、朝の7時から夜の12時までの仕事が常態化しており、働いている社員は無理を強いられていました。同僚もまた同じ境遇にあり、増員を上司に依頼しましたが、変化を好まない社風の影響もあり、受け入れてもらえませんでした。」

この例では、労働時間についての不満など、具体的な数字を出しているので、面接官にもしっかりと待遇が伝わりますし、周囲の人も不満に思っていたことを明らかにし、自分の働き方だけが原因ではなかったと伝えることができます。

他にも、こんな回答例もあります。

「給料の額が低く、経済的に追い込まれて、退職を希望しました。月収は15万程度でしたが、長く働いていてもこれ以上上がる見込みはありませんでした。両親への仕送りなどもあるため、この給料水準では暮らしていけないと退職に至りました。御社に入社し、売上に貢献できれば、これらの問題も払しょくできると考えています。」

給料がどの程度だったのかや、5年間改善の見込みがなかったなど、こちらの例でも具体的な数字を出すことで説得力を増しています。

背景に両親への仕送りがあるなど、面接官が納得できる内容も盛り込まれていることがポイントです。

加えて、応募した会社の特性に合わせた希望も述べているので見本回答と言えます。

退職理由の回答例【NG編】

退職理由でNGとされる回答例も見ていきましょう。

特に、人間関係が理由で退職する場合には、以下のような回答をしないように気をつけましょう。

「上司に嫌われており、細かなことでも揚げ足を取られ、しょっちゅう大声で怒鳴られていました。私の仕事が常に監視されており、一つでもミスを犯すと、1時間以上叱られ続けたこともあります。これからも上司と一緒に働くのは嫌で、退職に至りました。」

などの回答だと、客観的ではなく個人の感情をぶつけてしまっているのでNGです。

どこの会社に配属されたとしても、合う人と合わない人がいますので、この回答では、また嫌な上司の元につけば、すぐに辞めてしまう人と思われます。

もし上司に不満があったとしても、もっと具体的に、非合理な面や責任のあり方を明確にする必要があるでしょう。

まとめ

面接で退職理由を聞かれる理由と、回答例などをご紹介しました。

退職理由はともすればネガティブになりがちですが、それをポジティブに変換することができれば、解決能力がある人と好印象を与えることもできます。

一番大切なのは、回答の際に具体的かつ客観的な退職理由を答えることです。

主観的な退職理由では、また同じ理由で退職する可能性もあると見られ、面接でも受かる可能性は低いです。

退職理由はあらかじめ自分で用意しておき、どの点を改めれば好印象を与えるかをしっかりと考えましょう。

シェアする

フォローする