転職活動が上司や同僚にバレずにすむ方法は?対処法も解説!

シェアする

転職活動がバレてしまって今の会社に居づらくなってしまったとの経験をお持ちの方もいるでしょう。

本来転職活動自体は悪いことではないのですが、内定が決まる前にバレるとマイナスになります。

円満に退社をするためにも、活動がバレないようにしましょう。

今回は、転職活動が上司や同僚にバレずに済む方法や対処法などご紹介します。

転職活動が上司や同僚にバレるタイミングとは?

転職活動中であることがバレるタイミングには、以下のようなものがあります。

バレると色々とまずい転職活動ですが、以下のようなパターンが多いです。

①上司に伝えたら広まってしまった
上司を信頼して打ち明けたら、その上司から他の同僚にも広まってしまったパターンです。
事後報告とならないように相談したら、それが原因で会社に広まるケースもあります。

②休みを多く取ったことでバレた
休みを定期的に取ったら、転職活動がバレてしまったケースです。
有給を使った転職活動は、周りにもしや…と思われることもあるので注意が必要です。

③飲み会でしゃべってしまった
飲み会では普段言えないこともぽろっとしゃべってしまうこともあるので、気を許してしゃべれるからとうっかり口に出して、同僚などから転職が伝わってしまう可能性もあります。

④電話対応で感づかれてしまった
転職活動中に応募会社から電話が来ることもありますが、その対応を会社内でやったらバレてしまったというケースも多いです。
堂々と話しているわけではなくても、近くにいる同僚や上司に聞かれることもあり、一番バレる可能性が高いパターンでもあります。

転職活動がばれないためのポイント

転職活動は内定がもらえるまでは黙っておかないと、会社内の立場や雰囲気が悪くなることもあります。

会社によってはバレたことで不利益を被ることもあり、転職先がうまく決まれば良いですが、もし受からないことも考えるとしたら、活動自体はバレたくないものです。

では、バレないためのポイントを、以下にいくつかご紹介します。

転職専用のメアドを作る

普段会社内で使っているメールアドレスだと、どうしても画面を見られた時にバレる可能性があるので、専用のメールアドレスを作っておくとよいでしょう。
フリーでいくらでもアドレスは作れるので、連絡先は一本に絞った方が良いです。

相談はNG

転職活動中に、どの会社がよいかや将来性のある会社だろうかと不安になることもありますが、それを同僚や上司に相談するのはNGです。

相手を信頼して相談しても、それがきっかけで社内に広まり、気まずい思いをすることもあります。

もし迷っていて、相談したい相手を探すなら、転職エージェントなどを利用して、専門家に客観的な意見を聞くようにしましょう。

服装選びにも注意が必要

日常的にスーツを着て仕事をしているなら良いですが、カジュアルな仕事場で、いきなりスーツを着て出社すればバレてしまう可能性大です。

転職活動では、面接時にスーツが必要になることはわかりますが、会社にバレたくないなら、すぐに着替えられるように持ち運ぶだけにして、実際の着替えは会社外でしましょう。

注意散漫にならないようにする

面接が進んで順調な時には、つい転職先のことを考えて注意散漫になることもあり得ます。

もし上司や同僚に「あの人最近どうしたんだろう?」と疑われる可能性もあるので、気をつけるようにしましょう。

中にはぼーっとしていたがために、転職活動の資料をコピー機に忘れてしまってバレた人もいます。

転職活動がバレたくないなら、気持ちが浮つかないように気をつけましょう。

パンフなど持ち歩かない

応募先の会社のパンフレットをいつでも見れるようにと持ち歩く人もいますが、会社にバレたくないのなら避けましょう。

会社内で見ることはないと安心していても、カバンの中にしまい込んでいない場合、他の社員に見られてしまう可能性もあります。

転職先のパンフレットを持ち歩くなどはなるべく避けて、見るのは自宅内だけという風に公私の区別はつけましょう。

口外しないように気をつける

食事の際や飲み会で、うっかりと転職を口に出すことでバレる可能性は高いです。

信頼している上司や同僚であっても、転職活動がバレたくないなら、口外しないことを心がけましょう。

友人や家族とならOKですが、相手が会社に関係している人なら、どこから情報が漏れるかわかりません。

「信頼してたからしゃべったのに」と思うかもしれませんが、会社で働いている人にとっては、転職活動自体が良く思われないので気をつけましょう。

転職活動がバレた時の対処法は?

上記でもご紹介したように、転職活動がバレるケースは意外とあります。

もしバレてしまった場合には、対処法をしっかりしないと人間関係にも溝ができてしまいます。

以下に、転職活動がバレた時の対処法をいくつかご紹介します。

理由は簡潔に

会社に転職活動がバレた時には、理由を聞かれることも多いですが、その時に今の会社の不満や愚痴を言うのはNGです。

もし理由を話すなら、簡潔にまとめてさらっと流す必要があります。

例えば「キャリアをチェンジしたいから」「引っ越すから」「スキルアップがしたいから」「オファーが来ているから」などの理由が良いでしょう。

絶対に言ってはいけないのは、上司や同僚との関係です。

どれだけ上司や会社に不満があったとしても、雰囲気を悪くしてしまえば、もし転職がうまくいかなかった時に人間関係も悪化します。

そのため、あくまでも転職理由は自分の都合であることを話すようにしましょう。

今の仕事をこなす

会社内に転職活動中であることがばれると、気まずい思いをすることもあるでしょう。

ただ、その場合でも今自分に課せられている仕事は、しっかりとこなすようにします。

もう転職先が決まっていても「どうせこの会社は辞めるんだし」などと、手を抜いてしまっては、何かミスをした時に「あの人どうせ転職するから。」などと陰口をたたかれる可能性もあります。

転職することが明確なら、なおさら、今の仕事をしっかりとこなして「立つ鳥跡を濁さず」の精神でいきましょう。

焦って退職はNG

会社に転職がバレた時には、気まずい雰囲気が漂うこともありますし、陰口をたたかれることもあります。

でも、そんな状況にあったとしても、退職を焦ってはいけません。

もし転職先でまだ内定をもらっていない状態で、転職活動がバレた場合、退職を焦ることで最悪無職になってしまうこともあります。

転職活動がバレたことで、周囲の風当たりが強くなることもありますが、頑張って乗り切って、転職活動中に無職になることは避けましょう。

嘘をつかないことが大切

本気で転職しようと思うなら「転職なんてしませんよー」などと嘘を言わないようにしましょう。

転職活動を行っていることは、周囲にバレているわけですから、逆にバツの悪い思いをすることもあります。

もし転職活動がバレた時のお手本の答え方は「はい、少しだけ考えている最中です」と軽いニュアンスで伝えましょう。

本格的に始めているわけではないと、ちょっと濁す感じにすることが大切で「転職は考えていない」と嘘をつかないことも大切です。

転職活動がバレるのが良くない理由

転職活動を会社に隠れてやらなければいけないのはなぜ?と疑問に思うかもしれませんが、実際には今の会社内での雰囲気が悪くなったり、嫌味を言われたりすることなどもあります。

どうして転職活動を秘密にするべきなのか、以下に簡単にご紹介します。

①仕事を教えても意味がないから
近いうちに転職する人に仕事を教えるのであれば、当然上司も手抜きをします。
せっかく教えても転職するのなら、意味がないと感じるからです。
内定が決まれば問題はないですが、転職活動中にバレてしまうと、周りの接する態度も変わるため秘密にした方が良いです。

②上司や経営者に悪印象を与えるから
上司からしてみれば「せっかく今まで教えたのに」と気分を害してしまうこともあります。
自分にしてみれば内定が決まってから、退職をするつもりだったにも関わらず、転職活動中であることがバレたばかりに、会社内にいられなくなる可能性もあります。
特に就業中に活動を行った場合は、最悪の場合懲戒解雇となるので、バレるのは危険です。

③人間関係が悪くなる
退職するつもりでなければ、転職活動をする人はいません。
「勝手に転職されたら仕事が増える。」と考える人が多数いた場合は、職場の雰囲気も悪くなり、人間関係も当然悪くなります。
中には後押ししてくれる人もいるかもしれませんが、少数派と考えると、やはり転職活動がバレるのは良いことではありません。

まとめ

転職活動をする時にバレないようにすることは、円満に退職をする意味でも大切です。

バレることで起こるマイナス要因を考えれば、トラブルを回避するためにも、正しい対処法を知っておきましょう。

NG行為をしないように、慎重に活動をすることが大切です。

シェアする

フォローする