転職エージェントと転職サイトの違いはどこ?メリットなど比較

シェアする

転職する際に転職エージェントと転職のどちらにするか迷ったことはありませんか?

両者にはそれぞれメリットもデメリットもあるので、違いも知っておかないと希望する会社に応募できないこともあります。

担当者が欲しいなら、転職エージェントがおすすめですが、自分一人でできる人には転職サイトの方がメリットも大きいです。

今回は、転職エージェントと転職サイトの違いや、メリットとデメリットを比較してご紹介します。

転職エージェントと転職サイトの違いはどこ?

転職エージェントと転職サイトの一番の違いは、アドバイザーがいるかどうかです。

転職エージェントの場合、プロの担当者に色々と相談に乗ってもらえるのは強みでもあります。

求人を自分で探す必要もなく、面接への対策や書類の作成なども皆アドバイザーに任せることができるので転職活動がぐっと楽になります。

無料でサポートを受けられることもあるので、転職エージェントは人気があります。

違い①最適な会社を探してもらえる

自分に最適な会社を探そうと思っていても、ネットの口コミなどでは情報収集にも限界があり、ある意味運任せになる部分もあります。

そんな時には転職エージェントを利用すれば、アドバイザーが最適な職種などを探してくれるので、会社側もすぐに辞められる危険を回避できるので、両者がウインウインの形になるのはメリットです。

違い②ミスマッチを回避できる

転職エージェントでアドバイザーから、転職者を会社に紹介した時に、もし紹介した人物がすぐに退職した場合は、ペナルティとして手数料の返金制度があります。

そのため、転職エージェントは会社と紹介者とのミスマッチを回避することを重視します。

ペナルティがなるべく発生しないように親身に相談に乗ってくれるのは、採用者側と応募者側のミスマッチを防ぐ意味もあります。

違い③転職先を探してくれる

転職エージェントでは、キャリアカウンセリングという制度もあり、自分にぴったりの転職先を探してくれます。

もし自分ではなかなか転職先が探せないという人は、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。

ただ、自由に転職先を探したいのなら、転職エージェントよりも転職サイトの方が向いている場合もあります。

ケースバイケースなので、両者の違いを知っておきましょう。

違い④アドバイスが受けられる

転職サイトでも求人先の情報はある程度探せますが、担当してくれる人がいないので、何か質問があった時にすぐに聞けないのは不便です。

その点、転職エージェントであれば、担当者がいることで無料に相談に乗ってもらえます。

アドバイザーはプロなので、あらゆる質問の解決の手助けをしてくれるのも大きなメリットでしょう。

転職サイトとの大きな違いは担当者がいるかいないかですが、無料で相談できるのは心強いです。

転職エージェントのメリットとデメリットは?

転職エージェントには上記でご紹介した以外にも、メリットやデメリットがありますので、以下に見ていきましょう。

メリットは?

転職エージェントのメリットを、以下にいくつかご紹介します。

①非公開の優良な求人を紹介してくれる
転職エージェントには独自の案件があり、それらは非公開ではありますが優良な求人先が多いです。
少人数に対しての物件なので、自分ではまず探せない求人を紹介してもらえれば、最適の求人も探すことができます。

②求人先に魅力を伝えてもらえる
面接で自分の長所や短所を上手く伝えられず、内定が決まらないと言う場合にも、アドバイザーは魅力を会社に伝えてくれます。
自分でも気づかないような長所なども伝えてくれるので、内定も決まりやすくなるメリットがあります。

③自分の市場価値を判断してくれる
自分の長所や短所は自己分析も必要ですが、第三者に見てもらう必要性も出てきます。
そこで転職エージェントを使えば、第三者の立場から自分の市場価値を判断してもらえるので、自分が本当に向いている仕事なども探しやすいです。

④求人から内定までサポートが付く
転職する際には、求人から内定までに「求人紹介」「給与交渉」「面接対策」「企業との日程調整」などがありますが、転職エージェントではこれらの煩雑な交渉ごとなどを無料でサポートしてくれます。
無料でサポートが可能な背景には、転職エージェントでは会社側から紹介したことに対する報酬を受け取ることができるからです。
報酬がアップするためには、出来るだけ転職者を増やす必要があるため、親身になって相談してくれます。

デメリットはある?

メリットも多い転職エージェントですが、もちろんデメリットもありますので、以下にいくつかご紹介します。

①登録を拒否されることがある
転職エージェントでは、応募者の職歴や年齢などの理由から登録を拒否されることもあります。
ただ、明確な基準は非公開なので、何が原因で登録を拒否されるかは応募者にはわからない面もあり、デメリットと言えるでしょう。

②担当者次第で結果が違う
担当者が応募したい会社の情報を持っていないなど、担当者の良しあしによって適切な転職先が見つけられないこともあります。
良い担当者にあたることができればラッキーですが、そうでない場合は望まない転職先になる可能性があることには注意しましょう。

③好きな会社に転職できないことも
転職エージェントを利用する場合、自分で好きな会社を探すのではなく、担当者から勧められた会社にしか転職できません。
もちろん相談された内容などから向く職種を探してくれますが、必ずしも自分にぴったりの会社を探せるとは限らないので注意が必要です。

転職サイトのメリットとデメリットは?

転職サイトにもメリットやデメリットがありますので、以下に見ていきましょう。

転職エージェントと迷った時の参考にしてください。

メリットはある?

転職サイトのメリットも多くありますので、以下にいくつかご紹介します。

①転職活動期間が短くなる
転職エージェントでは担当者を介してでしか会社と連絡を取れませんが、転職サイトの場合は直接会社と交渉できるため、やり方によっては短期間で転職が決まる可能性もあります。
転職に慣れている人の場合は、自分で交渉できる方がメリットになることもあります。

②時間に関係なく利用できる
仕事が忙しくて時間が取れないと言う人は、転職サイトの方が24時間いつでもアクセスできる転職サイトの方が向いているでしょう。
ちなみに、転職エージェントでは、営業時間内でなければ担当者にも相談などはできません。

③自分のペースで求人を探せる
転職サイトでは、担当者がいないので、自分のペースに合わせたスケジュール管理ができるのもメリットです。
転職先を早急に決めたい場合などは転職エージェントを利用する方法もありますが、気長に決めたい人やスケジュールを調整した人には転職サイトが向いています。

デメリットは?

転職エージェントに比べると種類は少ないですが、転職サイトにもデメリットがあるので以下にご紹介します。

①情報量が少ない
転職サイトでは、最低限必要な情報収集しかできないため、口コミなどで評判を調べるのにも限界があります。
そのため、いざ入社してもミスマッチが起こる可能性があり、転職エージェントのように情報収集ができないのはデメリットです。
手軽にできるからと安易に転職してしまうと、すぐに辞めてしまうことになり、転職回数も多くなってしまいます。

②サポートを得られない
転職サイトでは、サポートが得られないこともあり、全て自分一人で作業をしなければなりません。
例えば「求人の検索」「求人への応募」「面接日程の調整」「履歴書の作成」「面接対策」「会社との交渉」「入社日の調整」など、全ての作業を一人でする必要があるので、時間もお金もかかります。
もし自分一人で転職先を探せない場合は、転職エージェントを利用した方が結果的には早く転職できる可能性もあります。

まとめ

転職先を探す時には、転職エージェントか転職サイトかで迷うこともあるでしょう。

両者にはそれぞれメリットとデメリットがあり、知っておかないと自分に合った転職先を探せない可能性もあります。

担当者に相談できるのは、転職エージェントの最大のメリットであり魅力でもあります。

転職には、会社との交渉など色々作業があるので、自分でできるなら転職サイトでも良いですが、1人では難しい場合はぜひ転職エージェントを使ってみましょう。

シェアする

フォローする