雇用保険被保険者証の意味とは?再発行の手順もご紹介

シェアする

うっかり「雇用保険被保険者証を失くしてしまった!」と焦った経験はないですか?

雇用保険被保険者証が必要な理由は、雇用保険を再就職先でも使えるようにするためですが、小さな書類なので紛失してしまうこともあります。

また長く職に就いていなかったことで、失効する可能性もあります。

ただ、雇用保険被保険者証は、再発行が可能ですので安心してください。

今回は、雇用保険被保険者証とはどんな書類なのかや、再発行の手順などをご紹介します。

そもそも雇用保険被保険者証ってなに?

雇用保険被保険者証は、その人が雇用保険の加入者かどうかを確認するための書類です。

でも、会社に正規社員として勤めているのに雇用保険被保険者証を渡されないことで、どうやって手に入れたら良いのか迷うこともあるでしょう。

実は、雇用保険被保険者証とは自分で用意したり、申請したりするものではなく、手続きは会社が行うようになっています。

ほとんどの場合では、雇用保険被保険者証は本人に手渡すことはせず、会社が保管します。

その上で、退職した時に会社の方から本人に渡されるのが雇用保険被保険者証です。

つまり、手にするタイミングは退職時であり、書類の内容などは転職先の会社に引き継がれることになります。

雇用保険被保険者証と離職票の違いはどこ?

雇用保険被保険者証は退職時に初めて渡されると書きましたが、同時に離職票も渡されます。

名前が似ているので混同されやすいですが、両者にははっきりとした違いがあります。

雇用保険被保険者証が「雇用保険に加入した証拠の書類」なのに対し、離職票は「離職したことを示すための書類」という違いがあります。

もっとも大きな違いは、雇用保険被保険者証は会社に入った時点で作成される書類ですが、離職票は退職=離職が決まった時に発行されることです。

離職が決まってから、10日ほどが経つと離職票が発行されますが、発行までにかかる期間は会社によって違います。

では、そもそもなぜ離職票が必要なのかと言えば、ハローワークで失業給付金を受け取るために必要な書類だからです。

離職票がない場合は、失業中と認められないため、雇用保険被保険者証とは別に必要になります。

また、雇用保険被保険者証は退職した後に使うことがあるのに対し、離職票は再就職後には必要がなくなります。

雇用保険被保険者証が必要になるのはいつ?

雇用保険被保険者証は、退職時に会社から渡されるものですが、必要になるのは転職先です。

なぜ必要かと言えば、転職先で雇用保険被保険者証の雇用保険番号がないと手続きができないからです。

雇用保険被保険者証はコピーでも大丈夫?

転職先の会社にもよりますが、原則雇用保険被保険者証はコピーでもOKとされます。

繰り返しますが、転職先で雇用保険に入るためには、雇用保険番号が必要です。

番号を確かめるだけなので、コピーでも全く問題ありません。

職歴がバレる危険性はないの?

雇用保険被保険者証には、前職の勤務先や連絡先の情報が載っているため、職歴がバレると思われる人もいます。

ただ、結論から言ってしまえば、前職以外の職歴がバレることはありません。

転職を繰り返したとしても、雇用保険被保険者証でわかるのは、直近の職業についてだけです。

もちろん、ハローワークなどでは転職歴を把握していますが、新しい勤務先に今までの職歴がバレることはないので安心してください。

番号がわからないと雇用保険には入れない?

雇用保険被保険者は、雇用保険番号の確認に使われるものです。

端的に言ってしまえば、雇用保険被保険者は番号以外使われることは滅多にないです。

雇用保険が再就職先で効果を発揮するために、番号が必要になり提示が求められます。

雇用保険番号は、個別に違った番号が割り振られますので、新しい番号が発行されることは、一部を除いてありません。

だからこそ、新しい就職先では、保険に加入できるかを確認するために、雇用保険番号が聞かれます。

ただ、ここで一つ注意点なのですが、雇用保険番号は7年以上無職状態が続くと失効します。

もし再就職まで長い間使われていなかった雇用保険番号は、ハローワークや前の会社に聞くこともできますので覚えておきましょう。

雇用保険被保険者証は再発行できる?

退職してから再就職までに長い期間が空いてしまうと、前述しましたように、失効する可能性もありますし、小さい書類なので紛失してしまうこともあり得ます。

雇用保険被保険者証をもし失くしてしまった時も慌てず、ハローワークで再発行の手続きをしましょう。

再発行の際には、本人を確認できる書類(運転免許証や印鑑など)が必要になりますが、申請さえ行えば即日に再発行が可能です。

ただ、ハローワークは土日祝日が休みになりますので、平日にしか再発行はできないことも覚えておいてください。

雇用保険被保険者証は、できれば失くさない方が良いのは言うまでもありません。

雇用保険を再就職先で有効にしてもらうためには必要な書類なので、万が一失くしてしまった場合は、再発行をしてもらいましょう。

雇用保険被保険者証の再発行手順

雇用保険被保険者証は、再発行が可能と書きましたが、基本的にはハローワークに出向くことになります。

ハローワークの専用窓口で、申請をしましょう。

再発行申請書に記載すればOK

再発行申請書には、以下のような項目がありますが、全てわからなくても大丈夫です。

  • 申請者の氏名
  • 申請者の性別
  • 申請者の生年月日
  • 申請者の現住所
  • 雇用保険に加入済みの現在の会社名と現住所
  • 最後に働いた会社名と現住所
  • 雇用保険に加入したのはいつか(取得年月日)
  • 被保険者の番号(わからなくても大丈夫です)
  • なぜ紛失したのか理由など

この中でも、氏名や性別、生年月日、現住所などはわからないことはないでしょうし、何よりある程度の情報がないと、ハローワークでも確認しようがありません。

保険者番号や取得年月日以外は、しっかりと書くようにしましょう。

また、本人確認の書類が必要な点にも注意してください。

ハローワークならどこでもOK

失業保険などの手続きには、自分の住んでいる住所を管理しているハローワークに行かなければなりませんが、雇用保険被保険者の再発行に関しては、どこのハローワークで申請しても問題ありません。

ただ、ハローワークの中でも仕事に制限があるタイプもありますので、雇用保険の手続きができるハローワークを選びましょう。

もし不安なら、事前に電話で問い合わせをして確認しておくと安心です。

またハローワークは、土日休日以外の平日で、かつ営業時間があるので、時間には気をつけてみてください。

再発行に手数料はかからない?

ハローワークで再発行する際には手数料はかからないので、無料で発行してくれます。

ハローワークが遠くにある場合は、交通費がかかるかもしれませんが、再発行自体の手数料はないので安心です。

いけない場合は郵送でもOK?

土日にしかハローワークに行けない場合は、事前に郵送でも大丈夫かをハローワークに聞いておくか、代理人を立てる方法もあります。

代理人に任せる場合には「委任状」や「本人確認できる身分証」「代理人の身分証」などが必要になりますので、忘れないようにしてください。

また再発行する時に必要な情報も、代理人に伝えるのを忘れないように注意が必要です。

もし複数の雇用保険に加入していた場合は、しっかりと伝えます。

電子申請ができる場合もある?

雇用保険被保険者は、ネットなどから再発行ができることもあります。

ただ、電子申請の場合は、専用の電子証明書が必要な点には注意してください。

またハローワークで再度発行する際には、手数料は無料ですが、電子申請の場合は手数料が必要になることも覚えておきましょう。

もし費用を抑えたいなら、電子申請ではなく、直接ハローワークに行った方が良いです。

まとめ

雇用保険被保険者証は、例え失くしてしまったとしても、再発行が可能なので安心してください。

また、ハローワークで再発行手続きをするのであれば、発行時に手数料などがかかることもありません。

雇用保険被保険者証は、雇用保険を再就職先で有効にするために、必要な書類になります。

なるべく失くさないようにし、また失効する期間も覚えておくと、急場に慌てることもなくなります。

雇用保険被保険者証は自分が保証を受けるために必要ですので、退職時には必ずもらうようにしましょう。

シェアする

フォローする