フリーランスとは何をする仕事?意味や定義・注意点など解説!

シェアする

フリーランスって響きはかっこいい気がするけど、具体的にはどんな仕事をしてるの?と疑問に思ったことはありませんか?

フリーランスと混同されがちな言葉に起業がありますが、両者は似て非なるものです。

フリーランスの意味や定義など、今さら聞けないということもあるでしょう。

今回は、フリーランスの意味や定義、フリーランスになる際に注意することなどをご紹介します。

フリーランスの意味や定義

フリーランスは起業家とは違うので、自分で会社を興すわけではなく、個人で仕事を請け負う仕事の人を指します。

技術などを企業に提供することで、対価を受けるので、下請けや孫請けの場合もあります。

フリーランスは自己申告制なので、自分の働き方がフリーランス向けだと感じたら、誰でも名乗って良い職業です。

特に資格なども必要なく、自分の持っている技術なりスキルを企業に提供して働く人がフリーランスと呼ばれる人たちです。

ただ、フリーランスと呼ばれるためには、企業や会社に属して働くのはフリーランスではありません。

純粋に個人の力で仕事を請け負うのがフリーランスであり、代表的な人達には「ライター」「デザイナー」「フリーのカメラマン」などがいます。

ちなみに語源とされているのは、中世の騎士で、契約によって地主や領主に仕えた「フリーランス(槍)」から来ているとされます。

フリーランスには労働法が適用されない?

フリーランスは企業と契約していないため、労働基準法が適用されない特徴があります。

良く言えば自由に時間を使うことができる職業であり、悪く言えば時間制限が多くても残業代がもらえない職業です。

この点は起業家とも似ていますが、個人で独立して仕事をしているため、労働基準法の適用外になるのがデメリットと言えます。

仕事が増えればそれだけ収入が増えるというメリットはあるものの、完全な出来高制であるため、もし体調不良で仕事を休んでしまった場合、その点の保証は一切ありません。

ただ、フリーランスを守る法律もあり「下請代金支払遅延等防止法」によって一応法の保護は受けられます。

法的義務を依頼主に課すことでフリーランスの人を守ってくれますが、それでも企業で働いている人に比べれば、保護の面では見劣りすることは事実です。

フリーランスが多い業種とは?

フリーランスは今では人気の職種ですが、実際に働くにはどの業種で働くかをまず決める必要があります。

今はクラウドサービスがあることでフリーランスの敷居は低くなりましたが、それでもやはり成功する確率の高い職種を選ぶのは大切です。

以下に、フリーランスで人気の高い職種をいくつかご紹介します。

①コンサルやカウンセラー

コンサルタントやカウンセラーなどで働くためには、ほとんどの場合専門的な資格が必要となります。

コンサルの内容によっては、実績だけで何とかなる部分もありますが、カウンセラーなどの場合人に大きな影響を与えることもあるため、自称ではなく資格が必要です。

ただ、資格が必要かどうかはさておいても、資格を得るためにした勉強が将来の糧となることもありますので、勉強はしておいて損はないでしょう。

コンサルタントやカウンセラーでは、以下のような仕事が人気があります。

  • 心理カウンセラー
  • フードコーディネーター
  • セミナーの講師
  • 塾の講師
  • インテリアコーディネーター
  • ウェディングプランナー
  • キャリアカウンセラー

②士がつく職業

士がつく職業で人気があるのが「弁護士」「税理士」「司法書士」「行政書士」「公認会計士」などです。

ただ、最近は弁護士になる人が増えたせいか、単に資格を持っているだけでは仕事がないという現実があります。

他の士がつく職業でも、人気の資格はそれだけ多くの人が保有しているので、仕事があまりないという状態が続いています。

とは言え、単価でみれば弁護士の年収は平均して1,200万円ほどと言われているので、公認会計士が年収820万円ほどなので、仕事が請け負えれば高収入になる可能性は高いです。

資格が必要なのと難易度が高いので、それに応じた金額が手に入る可能性はありますが、フリーランスで士のつく仕事がしたいなら、まずは顧客層を広げる必要があります。

③IT系の職業

IT系の仕事で人気があるのは「プログラマー」「デザイナー」「ウェブデザイナー」「ウェブ編集者」などです。

最近では個人でアプリなどを開発してリリースする方も多いですが、中には下請けとして企業から委託を受けて仕事をしている人もいます。

スマホやパソコンのアプリは売れれば爆発的なヒットになることもあり、人気の職業の1つです。

また、エンジニア系の仕事も人気が高く、特にプログラマーなどはネットが繋がる地域なら、自宅で自分のスタイルで仕事ができるとやっている人も多いです。

他の職種と比べると、技術やスキルに応じて給料が変動するのがメリットでもありデメリットでもあります。

④マスコミ系の職業

マスコミ系と言えば、昔はカメラマンが多かったですが、最近ではライターやデザイナーなどの職種が人気があります。

ライターやデザイナーも基本的には、ネットが通じれば働くことができますし、受注などもクラウドサービスを利用すれば割と簡単に始めることができます。

ただ、人気の職種ではありますが、フリーランスの人が多く働いていることもあり、単価が低めに設定されていることが多いのはデメリットです。

もしマスコミ系の職業で、高単価の仕事を得たいなら、人脈作りも大切になってきますので、フリーランスだからと言って横の繋がりは無視できません。

フリーランスになる時に注意点はある?

フリーランスは自分で仕事を見つける必要があるため、仕事の職種も選べるというメリットがある一方で、トラブルに巻き込まれやすいというデメリットもあります。

例えば、労働基準法が適用されないことで、朝早くから夜遅くまで仕事があっても、時間が給料に換算されないことや、単価が低くても我慢するしかないことです。

以下に、フリーランスになる際に気をつけたいことを3選してご紹介します。

①納期は厳守

フリーランスは自由に時間を使えるというイメージをお持ちの方も多いですが、実際には納期が厳しく、それで挫折する方も多くいます。

納期を守れなければ、相手との信頼度も下がりますし、納期が遅れたことで相手の企業に多大な損害を与えてしまうこともあります。

企業で雇用されるサラリーマンなら、納期が遅れたくらいで解雇されることは少ないですが、フリーランスの場合納期が守れない人は一発でクビになることも多いので気をつけましょう。

②確定申告がある?

フリーランスであってもある程度の収入がある場合は、確定申告が必要です。

確定申告には「青色」「白色」の二種類がありますが、おすすめは青色申告の方です。

なぜなら青色申告の場合、控除が受けられる可能性があるからです。

青色で確定申告をした場合、損失が3年間繰り返されたとしても、翌年にはその損失によって節税対策も可能です。

③報連相をしっかりする

メールなどの返信は早くするのが基本ですが、フリーランスの場合は仕事に直結する内容が多く、出来るだけ早めに報告や連絡などをする必要があります。

実際に会って話をするわけではないので、メールの返信スピードや内容から、人格が形成されることも多く、返信が遅い人は仕事ができない人と判断され、次の仕事が来ない可能性もあるからです。

クライアントとの信頼関係が重要視されるフリーランスでは、メールやチャットの連絡は密にしなければなりません。

まとめ

フリーランスの意味や定義、人気の職種、働き方、注意点などご紹介してみましたが、フリーランスは気軽で自由な職種ではありません。

個人で仕事を請け負うのは起業家と同じですが、仕事の納期などがある点では、起業家よりもシビアな面もあります。

ただ、自分の技術やスキルを生かしたいなら、フリーランスで稼ぐこともできます。

フリーランスになりたいなら、ぜひ注意点も参考にしてください。

シェアする

フォローする