女性が起業成功するためには?女性起業家のメリットとデメリットをご紹介!

シェアする

「起業してみたいけど、家事も育児も忙しいし…」と悩んでいる女性も多いでしょう。

ただ、今は女性起業家も多くいるので、敷居は大分低くなりました。

日本には、男性が仕事で女性は家事という風潮がまだ強く残っており、起業するにはまず家族の理解が必要な面もあります。

とはいえ、基礎知識が必要になるのは、女性も男性も同じです。

女性が起業するためには、基礎知識だけでなく、女性ならではのターゲット層なども意識する必要があります。

今回は、女性が起業成功するためのポイントやメリット、デメリットなどご紹介します。

女性が起業成功させたいなら知っておこう

実際に女性起業家が成功するためには、男性起業家とはまた違った意味で色々な知識やスキルが必要になります。

以下に、女性起業家が成功するために、まず前もって知っておきたいことをご紹介します。

①ビジネスの基本をおさらい

女性起業家であっても、男性と同じように働きたいのであれば、ビジネスの基本をしっかりと押さえておきましょう。

もちろん、女性も以前働いていた仕事があり、その点ではビジネスマナーも身についているかもしれません。

それでも、起業するということは独立して仕事を始めるわけですから、もう一度ビジネスの基本をおさらいしておくことは有効です。

これは男女の差なく、起業家が実践していることでもあり、女性だからしなくてはいけないことではありません。

女性の起業家の予備知識としては「コンテンツの作成」「WEBの活用の仕方」「集客方法」「ブランディング」などがあります。

一口に起業家と言っても、ビジネス形態は会社によって違いますので、専門分野の知識として頭に入れておくとよいでしょう。

②ブランディングは効果的に

起業する上では、ブランディング(ブランドを作るための様々な活動)が大切です。

例えば、自分の会社のサイトをお客が見た時に、相手にどう信頼してもらえるかを考えながら、サイトを作るスキル必要が必要となります。

キャッチコピーや肩書が命運を分ける可能性もありますので、ブランディング能力は非常に大切です。

もし何かの商品を販売するなら、その商品を買ったことでお客がどんな利益を得るのかなど、ターゲットのペルソナを意識する必要があるでしょう。

③コミュニティを作ってみる

女性起業家の場合は、自分に共感してくれる仲間がいるコミュニティを作っておくことも大切です。

メルマガなどで成功している女性の多くは、自分の考えに共感してくれる人達を増やすことでコミュニティを形成しています。

コミュニティを作ることができれば、その中で新商品の案内もできますし、口コミなどの有益な情報を得られることもあります。

コミュニティが拡大していけば、女性でも世界に発信することが可能となり、成功を収めることもできるでしょう。

男性でもコミュニティを作ることはできますが、人当たりの柔らかい女性が多いことや、女性特有の共感力を利用できる点では、女性の方がうまくできる人もいます。

メンバー限定のサイトを作るなどして、コミュニティを拡大していけば、商品も売れるようになりますし、新しい市場開拓もできるでしょう。

④目標を明確にする

男女共通ですが、起業するためには何故起業したいのかを明確にする必要があります。

もちろん「今の仕事が嫌だから、転職したい」などの安易な考えでは起業しても成功しません。

まず考えておくこととして「なぜ起業を目指すのか」「誰のどんな問題を解決したいのか」「誰に何を提供しようとしているのか」「起業して何をしたいのか」の4点は明確にしておく必要があります。

目標がしっかりとしていれば、どんな形態の会社を興すかも決まります。

例えば、起業理由が「自信を持てない女性に綺麗になる方法を届けたい」との思いがあれば「メイクアップアーティスト」になれる可能性もありますし、「拒食症で悩んだ経験を生かして痩せる方法を伝えたい」との思いなら「ダイエットアドバイザー」としての仕事があります。

動機として多いのは「自分の趣味や特技を活かしたい」との思いが強い方が多数を占めます。

ただ、起業する際には漠然とした目標ではなく、ペルソナを意識して、ターゲットを絞ることも大切です。

⑤コミュニケーション能力を高める

起業家は横つながりが非常に大切なので、多くのお客とコミュニケーションを取る必要があります。

そのため、コミュニケーション能力を磨くことも大切で、円滑なコミュニケーションが取れないとお客が離れていく可能性も無視できません。

ただ、コミュニケーション能力と言っても、特段難しいことは必要なく「人に不快な思いをさせない」「誠実な対応を心がける」「お客に礼儀正しくする」などの当たり前のスキルです。

最近ではネットで買い物をする人も多いので、相手に失礼な態度を取らないことも大切で、特にメール返信などはしっかりとスピーディに行う必要があります。

コミュニケーション能力とは、相手に自分のことを信頼してもらうための手段です。

大切なのは相手の立場に立つことですので、女性起業家を目指すなら、一つ一つの言葉には注意して、相手に不快な思いを与えず、信頼してもらうことが必要となります。

女性が起業する際のメリットとデメリット

女性が起業する際に、知っておきたいポイントとして、基本的に男性起業家と同じ形では起業できないことも多いです。

女性ならではの特徴があり、だからこそ女性起業家はメリットやデメリットを押さえておく必要があります。

悩みを共感できる

起業家として商品を売る際、女性向けの商品であれば、やはり男性よりも女性の方が悩みや問題を見つけやすいというメリットもあります。

女性のマーケットは今大変広くなっており、買い物だけでなく、色々な複合サービスも女性向けが多くなっている現状もあり、その点では女性起業家が誕生しやすくなっています。

女性だからこそできるサービスも多くありますので、起業したいなら、自分の経験やスキルを生かせる仕事を見つけてみましょう。

家族の理解が必要

起業したいと思っていても、もし自分が結婚していて、夫が家事を手伝ってくれないなど、起業に対する時間が取れないこともあります。

そのため、女性が起業するためには、家族(夫や子供など)の理解を得る必要があります。

子供なら保育園や幼稚園に通わせることでも対応は可能ですが、家事や育児に対する理解を夫から得ていない場合、そもそも時間が作ないというデメリットがあります。

起業するにはレンタルオフィスを借りるなどの方法もありますが、日本では女性は家の中という風潮もまだ強いので、まずは家族からの理解を得ることが大切です。

男性との違いを認識する

起業家と言えば男性を思い浮かべる方は多いですが、近年は女性の起業家も増えています。

ただ、女性起業家の場合は、男性起業家とは働く意識やスタンスが違います。

女性で起業を目指す人がメリットを感じるのは「趣味や特技を活かした仕事ができるから」「家事をしながらでも働けるから」「性別に関係ない仕事だから」などの点です。

そのため、男性と比べるとスモールビジネスの傾向が強く、もし本格的に起業したいのなら、前述したように家族の理解が必要な点はデメリットと言えるでしょう。

女性起業家が活躍できる職種は?

女性起業家が活躍できる場は、正直男性と比べると狭い印象もありますが、活躍できないわけではありません。

女性起業家が活躍できる職種には、以下のようなものがあります。

①アフィリエイター
アフィリエイトという言葉は一度は聞いたことがあるでしょう。
簡単に言ってしまえば、アフィリエイトとは自分のサイトなどで商品を紹介して、紹介先の企業から広告収入を得ることです。
男女区別なく活躍できる職種ですが、空き時間の長い主婦に人気の職種です。

②アロマセラピー
女性ならではの職種なら、アロマセラピーなどの美容系も人気があります。
中には自宅の空き部屋をサロンにして、家事の空き時間に対応している起業家もいます。
男性でも詳しい人はいますが、女性ならではの悩みにも対応できるため、女性にとって成功しやすい分野と言えるでしょう。

③ネイリスト
こちらは最近人気が急上昇中の職種です。
ネイリストになるためには資格が必要ですが、資格さえ取れれば、自宅でもサロンを開くことができるため、手軽さもまた人気の秘密です。
現在ではネイルをする女性も増えており、女性のお客もネイルをしてくれる相手が女性の方が安心して任せることができます。

まとめ

今は、女性でも起業がしやすくなり、その点では男女の差は少なくなっています。

ただ、女性が起業する場合には、自分の特技や資格をいかすためにも、ターゲットにする相手選びが大切です。

女性だからこそできる職種も沢山あるので、起業する時にはペルソナを意識して、成功に導きましょう。

シェアする

フォローする